ここには何もありません

黒い背景とこの文字だけです

もしかしたら広告もあるかもしれません

透明なスイッチがどこかにあるのかもしれない

なんて思って探す人はいないでしょう

もしいたとしても

そんなものはありません

管理画面にアクセスしようとした人もいたみたいですが

誰かは知りません

一時休止したあと
4人ほど、たまに来てくれていた人がいるのは知っています

でも名前は知りません

端末のよくわからない番号だけ知っています

残念なことに
その人は誰なんだろう
曲を聴いてくれた人かな

なんて思ったりもしましたが

その気持ちはすぐに
恐怖に変わってしまうみたいです

このページを見ている数少ない人へ
きっと知ってると思うけど

おれはすごく弱くて
怖がりで、恐がりで

死ぬことを誰よりもおそれているんです

多分これからも何気ない顔で
ヘラヘラとステージに立つんだろうと思います

どう感じるかはみんなの自由だけど

おれが活動を続ける意味は
ひとつしかなくて

野望とか
金持ちになるとか
自分の居場所とか
償いとか

そういうんじゃなく

次のライブまでの間に
曲をつくったり
練習したり
あと何日だな。なんて数えたり

本当はライブなんてどうでもいいんです

それまで生きる理由ができるから

それだけなんです

だからもう何も言わないで




おれに死んでほしいと思っている方
おれに会う手段はいっぱいあります

でも殺しに来たなら
抵抗します
その場合もしかしたらあなたが死ぬかもしれない

人に死ねっていうのは
そういうことです


忘れてた
リスペクトの秘密は
イマケンって人について歌いました

彼を傷つけたくないって思って
ずっとふせてたけど

大事な人を傷つけてしまいました

ごめんなさい

でもこのこともずっと秘密です



おれの曲を聴いて何も感じない方
すごく純粋だとおれは思っています
だってリスペクト以外全部
おれ自身に向けた曲だから
感じるわけないんです


おれの曲を聴いて
まるで自分に言われているように感じる方
あなたは優しすぎます
きっともう聴かない方が良いと思います
アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -