Main静臨 | ナノ




.

粘膜が擦り合う行為。

「ん、く…っんんぅ、ぐ、」

臨也は静雄の肩口に顔を埋めてくぐもった声を出した。薄っぺらい腹の中にいま、静雄の凶暴な程大きい性器が埋まっている。全身で呼吸をするたびに胎内に捩じ込まれた質量をもったそれが内壁に僅かに擦れる。

「ふぅぅ、は、あ、はぁ、」

まだ、まだ動けない。
なかに入った熱い棒による圧迫感が半端ではない。
静雄は臨也が慣れるまで肩を抱き静かに待っている。広くたくましい背中に必死に腕を回してすがりつき、離すまいとか弱く爪を立てた。

「………臨也」
「うっ、はぁ……んぐぅ、」

対面座位は、臨也の負担が大きい。いくら軽い臨也であっても全体重をのせればそれを奥深くまで飲み込むしかなくなる。どんなに目の前の体を支えにしても、結局は入り込んでくるその感覚に力が抜けてしまい、重力に逆らうことなくずぷずぷとくわえ込む羽目になってしまうのだ。
対面座位をするたび、臨也は苦しそうに息を吐く。耳まで赤くして目を瞑り、嫌だ嫌だと首を振る。それでもお構い無しに挿入は続くものだから体を硬直させて必死に耐えるしかない。静雄はそんな様子を傍観するのが好きだった。

「ぁ、は、はいっ…た…」

全部が進入を果たすと決まって報告するそのいじらしさも可愛くて仕方がないのだ。

「……よくできました」

前髪をかきあげて額に軽くキスを落として褒めてやると、臨也はくすぐったいというように小さく身動ぎしてから嬉しそうに笑みを溢した。静雄は臨也の目尻に溜まった涙を拭って律動を開始した。

「ぅ、あ!ひっ、ひぐっ…ぅ、ああぁっ」

始めこそまだ馴染まない内壁を激しく突くと苦しそうに呻いたが、臨也の体をすっかり熟知している静雄にとっては快楽に溺れさせることなど極めて容易い。内側の奥を強めに突けば痩躯は簡単に跳ね上がる。

「ひあぁ…っ!?あ゛ぁぁっぃ、やだっやぁあ!」
「……ッ嫌じゃねえだろ」
「むりっ、っむりぃ…お、かしくな……ッ」

だらしなく開いたままの口から叫び声が上がった。臨也はがつがつと前立腺を潰す勢いで突き上げるたびに悲鳴のような喘ぎを洩らし、いきすぎた刺激から逃れようと四肢をばたつかせもがく。しかし静雄は無理に押さえ付け、声が上がる場所を集中的に攻めてやる。すると、とうとう臨也が泣きじゃくり始め、限界を必死に訴えてきた。

「っい゛あぁ!い…っく、いっちゃあ゛、ぁああああ!」

訴えをお構いなしに、一度抜けてしまう寸前まで引いて乱暴に最奥にねじ込むと臨也は声にならない悲鳴を上げてびくびくと体を震わ せた。静雄が視線を下にやるとぴゅくぴゅくと臨也の性器から濃い精液が溢れ出していて、二人の腹を汚していた。

「勝手にイッてんじゃねぇよ、あぁ?」
「っっ!?あ゛、ぎっ…!」

静雄は再び律動を開始する。イッたばかりの敏感な体は余韻や休息を味わう間もなく揺さぶられる。さすがに臨也も目を見開き抵抗するが、体が動き余計に良いところに擦り付けてしまい悪循環を繰り返す。

「やだあぁ!はなっ、してぇ…っイッた、ばっかぁ、ひっ」
「俺は、イってねぇんだ、よ!」
「ぅうっ、あ゛ああああ!」

そう言ってやっと静雄も達した。どくり、と中に吐き出される感覚に臨也は思わず身震いをする。ようやく終わった。
臨也が今度こそ余韻に浸っていると、余裕綽々というような表情の静雄がニヤリと笑った。

「……っ、シズちゃんの、ばか…」
「ンだと?もう一回ヤりてえのかぁ?」
「マジごめん」




.
×
- ナノ -