アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
邂逅 更新 規約

http://nanos.jp/wkrbni/

全悠さん
すべからく閉じゆく夢みて / 輝く満天の君は何処へ / 触れる度に虚しさが込み上げて / 春がきて冬になり僕はまた眠る / 死に逝く姿は綺麗すぎて / 軌跡を辿ると君へと繋がる / 何も存在しないのよ / ゆったりと重ねあったそれが離れていく / この季節を君と呼ぶことにする / 廻り合いまして少女A

ゆうりさん
「バイバイ」は寂しいけどね。 / 僕が知りたいのはスーパースターと出会った時の心境を聞くパパラッチの心境 / 一期一会なパイオニア / 60時間後にジョンと出会う / 出会い系サイトで父親と出会う生意気娘 / 巡り会う事が人生における最大の幸せとは限らない / ポケットの中に入るとアメちゃんに「こんにちは」 / 時計の短い針と長い針は僕と君を表していのさ / 出会っちゃイケナイ / あの娘はSNSサイトでイタリア人と出会った

タローさん
これを運命と呼ばず宿命と呼んだ / 朝ご飯をくわえて飛び出したら / 会わなければよかったなんて / 君を苦しめていたのは私だった / 今すぐ飛び降りるのが二人の愛の形

さちこさん
ストロボデジャヴ / 好きすき隙キス / じだんだふんじゃう / 甘酸っぱいのがベストです。 / あの逆光の中が。

ケイコさん
つまり円が縁になったって言いたいの? あなたも随分な物を言うようになったのね / 完全邂逅会合 / 僕等は今日出会うまで、とてつもない思い違いをしてきたようだ。 / 銘銘輪廻 / もしも再び会えたとして、私達昔のように笑えるかしら。 / 今はまだいいってことにしとかない? / 病葉(新緑みたいだったのにね、あなたが私を変えたのよ。)(病葉【わくらば】※病気や害虫にむしばまれて変色した葉) / 偶然の必然(本当は知ってんだ、君がここを通ること。)

mtkさん
「あっ」 / 計画的遭遇 / ここで会ったが百年目! / ハローマイフレンド / 思い出は吹き飛ばされた / 追えない背中 / 再会までのカウントダウン / さよならはとっておく

みづなさん
なんでここにいるの…! / 運命と信じていいのかな / あっ…手が触れた… / 分からない事だらけの世界だったけど最後に君に会えてよかった / 君が悪いんだ僕の前に再び現れるなんて。 / 死んでまた会いましょう / 偶然だね…なんて

いちるさん
確率的問題によりますと / 遠い昔の約束にさよなら / 運命なんて要らないよね / 愛し君と目が合う二秒前 / それは確かに繋がった糸

有子さん
「久しぶりだね。」そう言いながら君は、どうして今にも泣きそうな顔をするのか / できることなら巡り会いたくなかったのだけれど / 「あなたに、どうしてもあいたかったの」 / 「君とだけは、絶対に相まみえたくなかったよ」 / ララバイ、グッバイ、アゲイン / 大好きなきみに二度目のさようならを、子守唄にのせて

雫さん
それじゃあ今度は約束してまた、 / 落下、そして君の腕に到着 / 例えばこれを必然にするために / 白い靴のおんなのこが毎朝この道を通るわけを僕はまだ知らない / 爪の赤が剥がれた

ういさん
快速に乗る女のうなじ / 赤い携帯を開く黄の爪 / 今度は、何処にいくの / 揺られるツインテール / 高速に流れる夜灯の光

遅れてきた夏さん
たまによくあること / ひまわり失踪事件 / 襟足の日陰 / 舌足らずにも振り向いて / 明後日は昨日 / 一度目一度目一度目として / コンクリートの先っぽで青を飛び越える / 糸は繋がっていた / 数えてみたよ。 / ひろってください

煮干さん
ささやかな偶然 / 二人はそれを必然と知らない / 邂逅ばかりの毎日 / これで何度目の遭遇か / 指切りなら不要だろう / もうとっくに惹かれあっていた / 運命のしっぽを掴め / あなたとわたしでぐうるりと / 糖度高めの結末がほしい

四須賀さん
胸殺(きょうさつ) / 裸梢の影(はだかこずえのかげ) / 鵠(くぐい)のように / 指でなぞれば糸を引く / 見えない誰かに突き飛ばされて / イイコちゃんになんて成れやしない / 銀糸(ぎんし)で結わえ / 金糸(金糸)を噛む / 垂れ下がる笑い顔 / 一抹の背徳(いちまつのはいとく)

藍葉彩さん
はじめまして、お久しぶり? / 昨日今日明日明後日いつだったかしら? / 偶然?いいえ、必然でしょう? / 今が楽しければ、過去なんていらないものよ? / さようなら、今度はどこで出会いましょうね?

芝宮フリさん
破滅へと歩み出した日 / 非現実的な確率に縋る / 赤い糸の大馬鹿野郎 / 遊びで済ますにはあまりに惜しい / アタシ自分の運命が見えるのよ、と細身の女はほざく / グーゼンとかヒツゼンとかどうでもいいや / いつもと違う電車に乗っただけ / さよなら、とあれ程叫んだのに / アンタは…そうね、私の人生変えすぎで賞。大賞よ、本当にもう。 / 二人は最期の最期まで寄り添ったままでした。めでたしめでたし

珠郎さん
こんばんは佳い月夜ですね / たしか、いつか、どこかで / きみの顔は見たくなかった / いつでもヒマそうなんだな / ちょっと散歩につき合って

居ぬ子さん
ただいまの作法 / 違う世界でこんにちは / 偶然は私たちを残酷にする / 待合室にて僕の夢は終わる / 「待ってる」が言えない / 初花を呼ぶ横顔 / 約束はしないことにした

イトさん
きぶんがわるい / おもちゃのピストルを向け合った / ドラマチックなのはあまり好まない / スロウモウション・バスストップ / はらわたは煮えくり返ってもう食べ頃みたい

めろこさん
遮る壁なぞ剥いでしまえ / 見つかる私と絡まる視線 / 予期など誰がしただろう / 流れるトレモロに誘われて / 瞬きから始まる一瞬 / 幾百も夢見たこの一瞬 / 融ける檻が象る涙 / 泣き止んだ星は貴方を待っています

篠田野菊さん
いたい / 消えないで / 例えば貴方が私を見なくても / 大嫌い? / 偶然は必然 / 知っていた / あわよくば / 私がどんなに焦がれていたのか貴方は知らないでしょうね / 聞こえません / 雪は降る

ひらぎさん
一巡目の人生で出会えるなら苦労しないんだって / まばたきと同じように / 運命に無防備な僕ら / よんでくれたんでしょう / 不可逆反応系の中のお話 / ひとめぼれ常習犯 / 空中分解する思考、私と貴方、淡い微笑み / 二人の視線の相補性について

ゆーさん
さよならの時間に出会った / いつか分かれてしまう人 / すれ違っておわりになりそうだったから / 呼び止めた声は時間をとめた / 振り返ったら負けだった / どうも忘れられないようです / その一瞬に恋をする / きみを連れて行ってしまおうか / 覚えていますか、出会ったことを

まふゆさん
鳴り響いた電子音 / 声が聞こえた気がした / なんて馬鹿馬鹿しい / 片想いクラッシャー / 運命なんてありゃしない / 大地に広がる / レールに沿って生きてきたのに / すべては偶然が重なって / さあ深呼吸 / 朱く染まった頬に恋

akoさん
永遠でありますように / 百年後にもう一度此処でキスをしよう / その涙は誰の為に流される /白昼夢で会おうよ / 流星に置き忘れた悲しみ / 二度目の朝 / 解けた糸を辿る / 春になったら / 廻り廻ってまた君に出会う / だから鐘の音を数える

じゅのさん
すれ違いざまに「愛してる」 / 思いがけず座ったベンチ / あの時もこんな感じだった / 道にさ迷う子猫 / 振り向けば / 思わず声をかけた / またいつかここで / 「ひさしぶり」、「はじめまして」 / 例えばそれが風であるように

神野梛さん
邂逅記念日 / 鏡を叩き割って、 / 風になびく君の髪 / ふわり、と薫る / 月少女は夜闇に舞い咲く / 金木犀のあの人へ届かない恋文 / 艶姿 / 歌声に一目惚れ / 桜逢 / やっと、見付けたね?

アスさん
巡ったのは齟齬 / 隣の席のたった一人の君 / 一期一会に苺と一会 / 私の言葉を繰り返さないで / 庭にはあの日のブロッサム / もう逃がさないわ私は手錠 / シルクのリボンがしゅるり / それを運命と名付けてはいけない / 道を歩いていただけ / そうして、とけた

波乃さん
刹那の少年少女 / いつもは誰もいない / 圏外のなかで / 例えば5人ぐらい / 冬に風鈴を吊す人 / 偶然を運命としようか

透子
飽きる程にめぐりあう / 忘れかけた純情 / 一度きりの絶好 / 逃れられない網に絡めて / 自ら望んだ絶望 / それはきっと劣情とは程遠い紅く染まった君の声 / 知らずして分からず / 四角い三角の逆襲 / 向かう先は気まぐれなようで最初から決められていた / 切れた糸は修正不可

アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -