自己意識



俺の名は、セイクレッド。

いつ誰が付けたのかは、知らない。

気が付けばそう呼ばれていたから、自分の名が「セイクレッド」なんだと認識していた。









今では誰一人として呼ばないが。






それもいつからだろう。

それ以前に、俺はいつから此処にいるのだろうか。



記憶力には多分、特別問題はないと思う。

記憶する必要がないから、記憶していないだけだ。






誰が名を付けたかも、

此処で暮らす理由も、



俺には一切必要のない事。






ただ、誰も俺を「セイクレッド」と呼ばない事情だけは知っている。

それは即ち、俺にも理由が必要だという事。



しかし世界中全てが、この名を知らない訳ではない。



決して口にはしないが、

二人の男と一人の女は知っている。



余談になるが、俺に名付けた者も。












そう滅多に機会はないが名を呼ばれる場面に遭遇した時は、皆、俺をこう呼ぶ。



【Dracule】

ドラクール、と。



俺は別に吸血鬼ではないのだが…。

どちらかと言えば、悪魔的な意味なのだろう。






そう。俺は【悪魔】と呼ばれる男。

漆黒の髪も瞳も、とても此の名に似付かわしい色だ。


表紙 W.A


タップで読むBLノベル
- ナノ -