時をかける音の調べは儚く


幼すぎた私は世界を救うことができませんでした

希望に託した時の欠片

新たな結末を見送る新芽

知らない世界にとび出て君と出会い、救いたいと剣を握る

森はもう僕を受け入れてくれない

あの日、あなたが一緒でよかった

大人になるしかなかった子ども

七年の眠りが待つ廃退の未来

春を攫う水底の秘密

歪んだ箱庭には幽霊がひそんでる

燃え盛る灼熱の牢獄

野蛮な花園

亡者がうめく暗渠の真実

俺を変えた「ありがとう」が陰る最期

一世一代の誉れは誰にも知れることなく




攫う【さらう】…油断につけこんで奪い去る。気づかれないように連れ去る

暗渠【あんきょ】…地下に埋設したり、ふたをかけたりした水路。暗溝

googleさんに感謝


back
×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -