だれもが焦がれた千年花




ゼロからの世直し珍道中
いつだってやさしい手の魔法
信念を貫く難しさ
慮るほど溢れてきた独占欲
いずれ光のなかに消えてしまう
たった一つの望みが胸を縛る
葬った思慕
せめてこのひと時は
傷つくよりも失うことを恐れた
こんなにも手放せない






紅蓮に染まる冷たい瞳
戯れるように愛をささやく
妄執の覇者
消せない深手
哀しい頂にあなたは独り
囲いの中の愛しいきみ
花冷えの寵獄
笑顔の裏に隠した心をみせて
呪縛をほどいていく言霊
君のすべてに包まれたい






印象最悪の出会いだった
戦場に咲く花の如く
隙だらけの後ろ姿が悩ましい
つないだ指先から伝播する
後にも先にもお前だけ
どうしようもない距離
後悔するなら傍に居とけ
数奇のはてに結んだ約束
きっと二人でなら大丈夫
お前が笑う世界はまぶしい






design 睿鑒 // material ヒバナ はながら屋

back
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -