失楽園の逢瀬

たとえいきつく先が地獄でも

泡沫の幻惑を貪る

朝焼けに消えた温度

狡猾な指先になすがまま

深く刻み込まれた印が疼く

残り香だけで待ち続ける

幸福と絶望を揺らめく火遊び

愛欲に溺れて血迷って理性を捨てて

求めあう熱、掻き乱れた情欲の狭間によぎる後悔さえ霞んでいく

どこまでも踏み込ませてくれない人

ちょっとワルな気になって焚きつけた

快楽に歪むその顔が愛しい

甘い声に隠れた哀切に気づかないふりをした

悲しくはないけど抱きしめて

何もかも燃えつくす温度で

黎明の契りはその場限り

求めていた背徳、最終目的はアナタ

絡めた指をほどく気は更々ない

理屈抜きの衝動的行為

ifの世界にいきたい




design 魔女と心中・material はだし

back
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -