私をときめかせるのが上手な貴方が憎い

どうしてもそれだけが言えなかった

罪作りな目配せ

いつか不満になるなら我慢なんてクソ食らえ

何もかもが自分と同じ感情からではないと心得ていた

触れる肌の温もりが、酷く遠い


眠れない世界で君と二人


誘惑とダンス

頼むからいかないで

どうなっても誇れる恋だと信じたかった




back
×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -