仁科真尋
「…お前となら、安心して眠れる。」


名前
仁科 真尋-Nishina Mahiro-

年齢
20〜28歳

性格
生粋の不良であるが犯罪に触れるようなことはしない。喧嘩を売られれば喧嘩をするぐらいだったが、何時の間にか名前と顔が広がってしまう。典型的な一匹狼だが心を許した相手とは仲良く話したり連れ添ったりする。一匹狼ではあるがどこか猫のようで気まぐれに人の家を転々として、食事や寝床を借りることで生活している。あまりお喋りではないが無口すぎもしない。

容姿
シルバーに染めた髪に、青眼。(カラーコンタクト)いつも無愛想な表情を浮かべていてあまり笑顔を見せることはない。細身で、とても力がありそうな身体つきには見えないが容姿に似合わない力で蹴る殴るをしてくる。実は着痩せしているだけで、それなりの筋肉がついている。身長は161pと小さめ。なので、初見の人にはなめられることが多い。

備考
家庭内(父のみ。母は早くに亡くなった)では性的な暴力が蔓延っていて、幼い時分から前戯をされたり本番もされたりしていた。母の代わりなのだ、と小さい頃から理解していたが父は中学に入ってからも求めることをやめないので、家を出て勝手に縁を切っている。その時のことがトラウマで、暗所恐怖症となってしまった。無理矢理ヤられそうになると、幼い頃の記憶が出てきて普段では見せない幼い顔が垣間見られる。

属性
受け

- - - - - - - - - -
サンプル:
×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -