7:雨









「何処に行っていたの」


その声に意識を浮上させた。
いつもの色、見慣れた真っ黒な髪と服の。


錆びついたドアを後ろ手に閉め、滴る髪をそのままに軋む床に濡れた足跡をつけた。
その間もラストはずっと何か言っていて。
ついには勘が働いたのか、俺の手を見て双眸を細めた。






「あの子は?」






「分からない」

そう答えると驚いた様に赤い目を見開いた。







出血が酷かった。

死んだかもしれない。



人間は弱いから。











刺した瞬間に伝った温度。
見慣れた色。見慣れた光景。






あの後、あそこに戻ったけどあいつはいなかった。
自力で動いたか運ばれたか。生死は不明。


散々走り回ったが見つからなかった。
俺の頭がまともに働いてなかったから。

[ 83/177 ]

[*prev] [next#]

[page select]


[目次]

site top




×