5:顔-後編-

帰るに帰れず、
その顔を見下ろし続けていた。





人込みの中、目線の先の三人はなかなか前に進めず立ち往生に近い状態だった。
この辺はいつも混雑していて、特に今の時間帯は酷い。


これだけ人間がいると標的を観察しづらい。
それでも上から眺めていると色んな事が分かる。



「へぇ…」

ふと、それに気づいて薄く笑った。





自分の他にも、


あいつらの跡をつけている奴らがいる。






一般人を装った男が数人、一定の距離を保っておチビさん達を尾行している。
その仲間だろうか、男達を更に尾行している人間もいた。

そのままの状態で時が過ぎたが、ある時人の波に攫われて兄弟とあいつがはぐれて。
男達がどうするか見ていると、ぴったりと一方に張りついていく。



狙いはあいつか。




迷子になってきょろきょろしている。
仕掛けるなら今だ。
そう思っていると、尾行者の一人が足早にあいつに近寄っていく。

その距離が狭まる。




そして接触した。



両者の動きが止まる。
此処からは確認出来ないが、おそらくあいつは後ろから銃か何か突きつけられている。

人込みの中とはいえ大胆極まりない。
おチビさん達は遠くの方で人込みを掻き分けるのに必死だ。


後ろで見張っていた人間も追いついてきて合流する。
ガキを連れ、横道を逸れて裏通りに入っていく。
あの人間達の思惑に興味はないが、あいつがどうするかは見物だ。



俺は裏通りに移動し、近くで見物する為わざわざ姿を変えた。
身軽な黒猫に変身し、塀伝いに奴らについて行く。

薄暗い道のその先に数人の男が手下の帰りを待っていた。
あいつが其処へ突き出される。



傍に詰まれた木箱の上にすとんと飛び降りて様子を窺う。
ガキの顔も、取り巻く十数人の輩もよく見える。


「悪いな姉ちゃん」

一人が口を開いた。


「…私に何の用」

「正確には鋼の錬金術師に、だ。あのガキには随分世話になってなぁ…」

お礼がしたいんだよ、とリーダー格の男が口元を吊り上げた。
おチビさんはほんとに敵が多いな。



「……」

退路は絶たれている。


数も多いし、あいつは丸腰。
隙を見て錬金術を使うしかないだろう。使えればの話だけど。

[ 69/177 ]

[*prev] [next#]

[page select]


[目次]

site top




×