2:浅い眠り

退屈凌ぎに連れてきたんだ…。

震える自分を笑いながら楽しそうに眺める。
まるで、籠に入った鳥みたいに。





彼の指に滴る血が顔や服を濡らし、また未登録の脳裏にあの日の光景が広がる。

「うっ…!く…う…ッ…」

恐怖と吐き気で声にならない。

「鳴くならちゃんと鳴けよ」

それすら目の前の相手にとっては快楽でしかなくて。





未登録は情けないことにそのまま意識を手放した。






「あれ?何こいつ、気絶してるし」

身体を軽く蹴ってみるが未登録はなんの反応も返さない。

エンヴィーは舌打ちし、意識のない未登録を抱えてその場を後にした。

[ 5/177 ]

[*prev] [next#]

[page select]


[目次]

site top




×