0:Prologue

逃げようとしないから、
手に入れた気になってたんだ。








見たことが、なかった。
それは理由になるだろうか。


記憶にある限り、
俺は鳥の笑う顔という奇怪なものを想像した試しがなかった。




想像力のなさは、
時として有害。



少なくとも今、
俺はそう思わされている。






Prologue










元来より、
俺はその顔を恐怖で染め上げることを好んだ。


闇の中に引き摺り込んでやりたかった。


必要ならば嬲って、
壊して汚して、

乱して。



その都度この世の終わりのように震える身体。

こちらを見上げて怯える瞳が最高だった。



もっと、
大袈裟に引き攣るその顔が見たい。

それ以外の衝動なんてない。
それ以外に興味なんてない。




ある筈がない、と。


想像しなかった。





だから今になって。


俺は此処に、
立ち尽くしているのだろう。

[ 37/177 ]

[*prev] [next#]

[page select]


[目次]

site top




×