9:猫の記憶-後編-

未登録は口元を押さえ、立ち上がろうと手を着いた。
背後の再生音に気づいた直後、泥を踏み散らす足音の近さにはっとする。
エンヴィーは未登録を見るなり、眉を顰めて笑った。


「…おいおい。あまり汚い物見せるなよ!」

次の瞬間、立ち掛けた未登録は体幹の側面を蹴られて倒れ込んだ。
押し寄せる痛みに喘ぎ、樹木の根元でのたうつ。
なんとか身体を起こしたかと思うと、首元に鋭くエンヴィーの手が絡み、木の幹に叩きつけられた。
麻痺するように身体の感覚が無くなる。
それきり動けなかった。

葉を落とした枝々が格子状に重なる下で、二人の間に落ちるのは沈黙だけで。
掴まれた首をそのままに、未登録は虚ろな目でエンヴィーを見上げた。


「仕事以外で殺す事ってあまり無いんだけどさ」

色を変え始めた午後の光に透け、薄紫の瞳が見下ろす。
エンヴィーは笑っていた。


「でもなんでだろうね、あんたは殺してやりたくて堪らない」

「…っ、」

首の圧迫が益々強まり、未登録の顔が苦痛に歪む。


「別にいいよね。エルリック兄弟には人質に丁度いい人間が他に居るんだし?」

何気無い風のエンヴィーの言葉に、未登録は戦慄した。


―――人質。

それは確実にエドとアルの大切な人で、
自分も知っているかもしれない人で。


「ああ!そうだ。あんたを殺しちゃえば先々で真実味があっていいかもね!実際に一人死んでりゃ奴等も変な気を起こさないし、脅しに過ぎないと舐められずに済む。…ああ。って事はやっぱりこれも仕事なのかな?」

「…エン」

口を開いた直後、勢いよくナイフが振り下ろされた。
未登録の顔の輪郭線から数ミリ横、樹幹に突き立てられた刃。
ぷつりと頬に血の破線が引かれ、巻き込まれた髪は胸元に落ちた。
暗澹と冷めた瞳が唯、未登録を見下ろしていた。


「まだ死にたくないでしょ?」

エンヴィーは少し笑うと、樹皮へ押し込んだナイフを引き抜いた。
未登録の下顎に、すらりと切っ先を宛てがう。


「呆けてないで命乞いするか抵抗するかしなよ。…死ぬよ?」

彼女の身体を縛り付けている左腕に力が籠る。
絞まる首に生理的な涙が滲んだ。

殺される訳にはいかない。けれど未登録は本能から激しく抵抗したりはしなかった。
今のエンヴィーに必死さを見せてはいけない気がした。
より早く終わってしまう気がしたのだ。
ある種の均衡を保ち、密かに命を守るような奇妙な状態になる。

未登録はゆっくりとエンヴィーの腕を掴み、力を相殺しようと押し返した。
冷たい瞳が、物を見るような目でこちらを見ている。


ふと記憶がよぎる。
この場所に、丘の上まで手を引かれた事。楽しくて笑った事。

それから…、それから。

沢山ある。
心の内に、辿れる幾筋もの淡い紐がある。
引けば身の内に描いた記憶の断片は幾重にも積み上がる。
それがどれ程に心強いものか、彼は知らない。

記憶のある彼が冷めるのと、忘れられるのとではどちらが寂しいか。



「…っ、エンヴィー」

未登録は、薄く口を開く。


「まだ分かんない?知った顔で口にするなって言…」

「っ…大嫌い、」

一瞬不意を衝かれたエンヴィーの顔。
その形相のたちまち崩れ去る様が、明滅する光へ包まれ始めた未登録の視界に映る。


「…貴方なんて…、大嫌いだった…っ」

「何言ってんの?」

何の冗談?
蔑み笑うと、エンヴィーは目の前の首を絞め上げる。


そろそろ終わらせてあげようか、そんな声を遠くに聞いた。
時が経つと共に縹渺とする視界。
残る息は少なくなり、未登録の意識は淡く白んでいく。


「エン、ヴィー」

先の言葉は、もう喉から出そうもない。
ふと未登録は笑おうとした。






何処まで愚かなのだろう。
この腕はずっと、近くにあったのに。






…ねぇ。



私、貴方と居ても
ちっとも、より良くなんてなれない。








目の淵に溢れるのは何の涙なのか。

記憶を捲れば、最後にはあの扉の前に立っている。
貴方の声に振り向く自分が。



人として、より良くなれていない。
それでも今、笑う事は出来る。

何より大切なものが、
この記憶が、まだ此処にあると気づいたから。






心に深く傷をつける記憶も、生きてきた証なら。





自分についた傷も、
自分がつけたかもしれない傷も。





まだ、覚えていたいのだと。















エンヴィーは無表情だった。

他色を移しようのない色彩で、その目に隠微な情感を塗り込める。


彼は落ち着いた様子で瞬いていたかと思うと、向けていたナイフを持ち替え、
音も無く、未登録めがけて振り下ろした。

[ 168/177 ]

[*prev] [next#]

[page select]


[目次]

site top




×