7:猫の記憶-前編-



フロントで手続きを済ませて。
宿泊フロアに三人が到着すると、彼等の声を聞きつけたウィンリィが客室から顔を出した。



「エドじゃあるまいし、あんたは心配ばっかりかけて!」

無事で良かったと、ウィンリィは未登録を抱き締めた。

「なんで其処で俺を出すんだよ」

無視すんなというエドの声は届かない。
未登録は泣き顔のウィンリィに謝りながら、入院したとだけ伝えてあるのだと思い至る。


「それで、今は何処で何してるのよ」


何処で、何を。

三人は沈黙した。

「…なんでみんな黙るのよ」

「いや、そのなんつーか、未登録は放浪の身でだな… 」

「は?」

「国中を回って錬金術の修行してんだよ。な、アル! 」

「そうそう、各地を転々としてて…!でも暫くはセントラルに居るから今日から僕等と此処に――」

「あんた達、何か隠してるわね」

「何言ってんだよ、未登録は…」

どうにか取り繕おうとする兄弟に、彼女は不敵に微笑んだ。


「今夜、教えるまで逃がさないから。」






その夜、502号室では遅くまで賑やかな声が聴こえていた。
日付を跨いでも、真相を話せと詰め寄るウィンリィと、大した事じゃないと取り合わない兄弟の構図は変わらない。

「あーあ、ショックだわ。私にだけ内緒なんて。ま、あんた達兄弟はいっつもそんな感じだけど。未登録は違うと思ってたのに」

「ウィンリィ…」

「冗談よ。でもまあ、少しは…」

寂しいけど、と目線を外す。

友達なら話すべきとか、それが本当の友達だとか。
そんな一般論が首を擡げても、未登録は口を噤む他にない。

話せば巻き込む。だから話せない。

もう分かってくれている気がした。


「さてと、そろそろ寝よっかな。あんた達も程々にすんのよ。じゃあ、おやすみー」

備え付けのソファーから立ち上がったかと思うと、ウィンリィは長い髪を肩へ流し、ひらひらと手を振って自室へ戻って行く。
昔から、人と接するバランス感覚の良い子だと未登録は思う。
小さな少女だった頃の姿はまだよく覚えているけれど、今はもう自分の進む道を決めてしっかりと歩いている。
ただこのまま、太陽の下を歩いて行って欲しい。

未登録は広くなったソファーに座ったまま、彼女の後ろ姿を見つめた。









「やっと帰ったか」

「予想を裏切らない長丁場だったね」

たっぷりと息を吐いて、エドとアルが手足を伸ばす。

「ちょっと可哀想だったかな」

アルが言う。

「仕方ねぇだろ。こればっかりは」

「うん」

「よーし。ウィンリィも居なくなったし、未登録の話でもするか」

「え?」

未登録は急に振られて二人の顔を交互に見やる。

「お前すぐ顔に出るんだよな。今日だってずっと浮かない顔してたぜ?」

「色々、あるだろうからこう訊くのも変かもしれないけど、何か心配事があるんじゃないの?」

アルに促され、未登録は迷うような素振りを見せた。
二人の目は真っ直ぐに見つめてくる。
その目を見る内に、漂っていた行き場のない気持ちの断片が、未登録の心の底の方へ降りてきて安定してくる。
こういう心地を、安心感や信頼感と言うのかもしれない。






「実は…」

遂には、未登録はそう切り出した。


[ 150/177 ]

[*prev] [next#]

[page select]


[目次]

site top




×