6:待罪-後編-




料理はまだ温かった。

室内には椅子とテーブル以外に家具はなく。
日用雑貨の類が一切ない点では、彼女の部屋以上に生活感に欠けていた。
部屋には窓が一つあり、厚手のベージュのカーテンで隠されている。

運ばれてきた料理は手付かずだった。
未登録は、微かに立つ湯気を見つめている。
空腹を満たすより、今の内に少しでも考えをまとめたいと思うのに、頭の中はぐるぐると渦を巻く。

依然食事をする気力は湧かなかったが、出された物を食べないのは失礼にあたると思い直し、フォークを手に取った。

その時、かりかりと硝子を掻くような妙な音がした。
振り向くと、閉め切られたカーテンの向こうから「にゃあ」と声がする。
暫くそのままにしていたが、窓の外の珍客が立ち去る気配はない。
それどころかしきりに鳴くので、席を立ってカーテンを少し捲り、窓を数センチ開けた。
隣の屋根を伝ってきたのだろう一匹の黒猫が、窓の隙間からするりと身を滑り込ませる。
彼女の足元に擦り寄り、餌をねだった。

未登録は、テーブルに置かれた籠からパンを一つ手に取り、小さくちぎって与えた。
他にも猫の好みそうな物を選んでいると、不意にノックの音がしてドアが開いた。

「あら」

そう声を発した女性は、皿を持って立つ未登録と、床の上の猫を見て瞳を瞬いた。
ドアの開く音に飛び上がった猫は、そのまま一目散に窓から出て行った。


「あまり食べていないのね。もうじき大佐が来るから、話をして貰えるかしら」

ややあって未登録は小さく頷く。
心臓の音に逸る心を落ち着かせようと、息を吸い込んだ。

ロイ・マスタング大佐。
彼を相手に、どれだけ隠し通せるだろう。
大の大人だってあの目で見られたら、たじろぐ事もあるかもしれない。

未登録はロイの黒い瞳を思い出しながら思う。
それでもこの場を逃げ切るしかないのだと。

爆発の後、ロイがビル内に立ち入るより前に、老朽化していた建物は全壊した。
錬金術師の行方は分からない。
ロイは予想より早くハボックの元に戻り、それから車に乗せられるまでの間、
未登録に逃げるチャンスは訪れなかった。
今はと或る空き家の一室まで連れて来られているが、どうやら交代で見張られているようだった。

脱出出来るかどうか、窓の外は調べていない。
少しでも逃げるような素振りを見られたら、お仕舞いな気がしていた。

こうなってしまった以上は会話上で逃げ切るしかない。
それが出来なかった時、どうなってしまうのか。
想像するのが怖い。

大佐達はどんな行動に出て、対する組織は何をするのか。
自分は、どうするべきか。

…エンヴィーはその時どうするだろう。



ふと爆発の光景が、飛び散る幾多の破片がよぎった。
揺らぐ視界の中で見た彼の姿が蘇る。目の前が、真っ暗になりそうだった。

今は、考えては駄目だ。
未登録は振り切るように心の中で頭を振った。



程なく部屋に現れた大佐は、簡単に自己紹介を済ませて椅子の背を引いた。
テーブルを挟んだ向かいに腰を下ろす、そのゆっくりとした動作を見つめる。

「こんな場所に連れ込んですまない。早速だが、幾つか訊きたい事がある」

この瞳を前に、本当にどれだけ、隠し通せるだろう。

だって、大佐達はあそこに居たのだ。
石を持った錬金術師のところに。

他の何処でもないあの場所で張られていた。
あの親子の事件も知られている。


「まずはじめに、君は数年前に両親を亡くしているが、あの日、君は犯人を見たのか?」

彼は会話をしながら、上着のポケットから小さな手帳を取り出す。
そして、未登録の父を錬金術師として勧誘しようとしていた事、その後事件について調べた事を明かした。

「…見ました。女の…人でした」

「女、単独犯か?」

「おそらくは…でも、あの日の事は、はっきりとは覚えていないんです」

彼女の顔も声も、よく知っている。

いつだって姿を見掛ければ記憶は歩き出した。
思い出したくはなかった。
記憶を追い駆ければ憎んでしまう。

以前彼女が言っていたように、きっと自分には誰かを恨み続ける事など出来ない。
苦しすぎて出来やしない。

「…覚えていない、か」

ロイは確かめるように呟いた。
僅かにその瞳を細める。

「思い出したく、ないだけかもしれません」

こんな話が何処まで通るか分からないけど。
今は本音を混ぜる事だけが、自分に出来る唯一の事に思えた。


あの日、未登録は練成を行っている。
自宅のリビングの床には当然、練成痕が残っている筈だった。

姿を見るどころか、ラストと鉢合わせになって抵抗した。
その時の状況をロイが問わないのは、村の隠蔽工作のせいか。

未登録は事件直後、現場である自宅から失踪し、
遠く離れたセントラルで時を過ごす事になったが、ロイはそれについても言及しなかった。

代わりにただ一言、「私は今この事件の犯人を追っている」と告げた。


「バートン氏の書斎に、国内で過去に起きた紛争や事件を調べていた形跡があった」

ゆっくりと呟かれた言葉に未登録は首を傾げる。

「あの、…それが何か」

「似ているんだ。私の友人が殺害された時と」

「ご友人が…」


――“私の友人や、君の両親を手に掛けた者達じゃないのかね?”

そういえば、あの時大佐はそんな事を言っていた。


かけがえのない人だったに違いない。
対峙した瞬間から自分に向けられている瞳の厳しさの理由を、初めて知った気がした。

今もその目は何処までも真っ直ぐに未登録を見つめている。
彼女を見定めようとしている。



「軍の将校だった。マース・ヒューズという男だ」

未登録は目を見開いた。

脳裏に浮かんだ人物の顔は、穏やかに笑っていた。



…亡くなった?ヒューズさんが。


殺された。あの組織に。
自分の知らない間に、自分の知っている人が。

「…病院で、お会いしました」

膝の上に置いた両手が小さく震えている。

「病院?そうか。鋼のが入院していた時だね」

「はい…」

ショックを隠し切れない未登録の様子に、ロイは暫し考え込むような素振りを見せ、口を開いた。

「私は、君が今日まで無事だったのは、奇跡的な事だと思っている」

奇跡的な事。

未登録は顔を上げる。

すぐに納得した。
未登録が入院に至るまでや、その後病院から失踪した時の事。
エドが何処まで話したかは分からないが、その都度報告を受けているのだろう。

「さっきは感情的になってすまなかった。尋問まがいな事をしているのもすまないと思っている」

不意の謝罪に、未登録は慌てて頭を振る。
さっき、というのは路上で出会した時の事だろうか。
確かにあの時は今よりも強い口調だった気がする。
だけどそれは無理もない事だ。
自分は確かに、あの組織と関わっている。

ロイは少し困った様な顔をした。

[ 140/177 ]

[*prev] [next#]

[page select]


[目次]

site top




×