3:深い夢

翌日、未登録は高熱で寝込んでいた。




「おい」

少し低いその声に目を開けると、一番会いたくない人物が未登録を見下ろしていた。

「あんた昨日何も食べなかったの?」

未登録は普段彼等が持って来る適当な物を食べているが、昨日は出された物を食べなかった。
正確には食べられなかったのだが。

「ふん、反抗期?」

「……」

具合悪いのに油物なんて食べられる訳ないでしょ、と内心呆れる未登録。


「…態度悪いな…。じゃあこれは?」

見るとエンヴィーは粉薬の袋を持っていた。
出所は分からないがわざわざ調達して来たことは確かだ。


「あ、あの…」

「口移しで良けりゃあげるよ」

「―――…」

一瞬でも感謝した自分が馬鹿だったと反省する未登録。

「冗談。欲しいならあげてもいいよ? まあ…風邪薬だっていう保証はないけどね…」

笑いながら意地悪く挑発するエンヴィー。
未登録はそんなエンヴィーをキッと睨んだ。

[ 12/177 ]

[*prev] [next#]

[page select]


[目次]

site top




×