10:帰る場所-後編-







「お前の自由だよ」


未登録は、はっとして顔を上げた。

冷静なその声に。
暗い青紫色を眺めていると、不意に、先程感じた冷たい温度を思い出して。
僅かに心臓が熱くなる。




…自由。
私の自由。

そんなものが、そんな自由があるのは。


貴方が命令を無視したから。



「…っ」



幾年月も。
彼の腕は、指は背中はあの人の為にあって。
あの人は彼の大切な人で。









そして人間と大差ない、

あの心音の先には。















「未登録…?」



「未登録!」

「未登録、行くな」


エドとアルの声は遠く。
ごめん、と未登録は掠れた声で呟いた。

未登録が犠牲になれば二人は助かる。
それは事実かもしれないが、やはり半分嘘だ。

これは彼女に用意された隠れ蓑なのだ。
彼らは最初から二人を殺す気などなかったのだから。






今度こそ、れっきとした裏切り。





天に近づくと蝋で固めた羽根が溶けて、醜い人間は地に落ちていく。


地に落ちていく。
そして今度こそ闇の中。





汗がじっとりと滲んでいた。
鈍くなる平衡感覚に揺らされながら彼女は歩いていく。
不意にあの人が風の様にすれ違う。
後ろから金属のぶつかる音がして。
それでも未登録は振り返らなかった。

耳を塞ぎたくなった。
人柱である二人を簡単に殺さない筈だと言い聞かせ、震える手を握り締める。
そして歩いていく。


愕然とした。
自分はこんなにも酷い、醜い人間だったのかと。



ちかちかと未登録の視界が光のノイズで乱れる。
その中に彼が居た。
彼はやっぱり無表情で、何も言わなかった。



「…エンヴィー」



見慣れた腕。
いつからか見つめていた。
触れられずにいた。


その大罪の名で、彼は意識もなく罪を重ねて。
彼等はこれからも血の惨劇を繰り返す。




「……ごめんなさい…」

未登録がそう呟くと、目の前で綺麗な紫色の瞳が驚きに見開かれる。
前のめりに身体が傾くのが分かっても、彼女に遠のく意識を繋ぎ止める力は残っていなかった。


掠めた血の臭いがふわりと。
それに混じって彼の匂いが香った。






「…未登録…っ」










…私は彼女を許した訳じゃない。

模造太陽の存在を肯定する気もない。
どうして生かされたのかなんて分からない。

ただこの人間と大差ない心音の。
この脈動の先に、
模造太陽の造った魔法の石があるのだと思うと泣き出したかった。





「ごめんなさい…、…」

あと一言が、未登録にはどうしても言えなかった。
意識が沈んでいく。
そのせいで告げられなかった訳ではなくて。




言えなかった。
ただそれだけ。









…殺され掛けて言える筈ないよね。



だから言わないよ。


だけど今も、あの檻が扉を開けているとしたら。






願うだけは私の自由なら。






どうか、
どうか一つだけ。

[ 102/177 ]

[*prev] [next#]

[page select]


[目次]

site top




×