10:帰る場所-後編-

「でも今夜は殺さないであげる。…未登録次第だけどね」

伏せ目がちに言った、エンヴィーの視線が少年の後ろに逸れる。
身体を引き摺り歩く少女が、こちらを真っ直ぐ見据えていた。
ほんの少し、エンヴィーは指先に力を込める。



今もあの目は光を失っていない。






「…二人から離れて」

未登録は言った。
包帯を片手で抑え、額には沢山の汗を浮かべている。


「久しぶりね、お嬢さん」

「ッ早く離れて!!」

びりびりと伝わってくる感情の激しさに、ラストは仕方なさそうに後退した。
それを確認した途端、緊張の糸が切れたのか未登録は膝を折って崩れ込んだ。


「未登録!」

「未登録、お前…」

「…良かっ…」

言葉を途切れさせながら息を吐き出す。



…間に合わなかったらどうしようかと。
二人まで殺されたら、自分はもう正気でなんて。


「…良かった…」

駆け寄ってきた兄弟に、本当に良かったと未登録は繰り返した。
エドは困り切った苦い表情を浮かべる。
苦しさをおして彼女が身体を起こすと、無機質な紅い瞳が見下ろしていた。



この闇には、朝の来る気配もない。






ラストはふっと、薄く微笑んだ。



「貴女はいい子ね」

「…?」

「聞き分けの良い、本当にいい子だわ。ぼうや達に何も教えていない。貴女のご両親を殺したのが誰か、とかね…」

「!」

両親。その言葉が未登録から温度を奪う。


永遠に消し去れない記憶。


「可哀想ね。憎む気概も、誰かに縋る覚悟もない。一人彷徨っている」

「…どうして、そんな事」

未登録の声が震える。



「本当に、憐れな生き物だわ」

「私は…!」

耐えられなくなって声を絞り出した瞬間。
辺りがすっと暗くなる。
エドとアルの腕が、彼女を庇う様に隠したのだ。


「やっぱり貴方達がおじさん達を…そして今度は未登録を…」

「今まで利用しといて、邪魔になったから殺そうとしたのか」

凄まじい剣幕でエンヴィーを睨みつけるエド。
エンヴィーは無言のまま少年と向かい合う。
その時、ラストがやけに緩慢な動作で三人へ視線を向けた。


「お嬢さんにその気があれば、迎え入れてもいい」

エドはびくりと指を震わせた。


「そんなの、未登録が望む訳ない!」

「さあ、どうかしら」

「?どういう意味…」

エドの代わりに声を荒げたアル。しかしラストは意味ありげに薄く微笑む。
その視線を、呆然としている未登録に向けて。


「私の知る限り、人は不自由を好むものよ」


「……」

未登録は何も言えなかった。
混乱が頭の中を支配していく。


何かがおかしかった。
殺されると思っていたのだ。
エドとアルまで巻き込んでしまったと。


何がなんだか分からなくて。
答えを求めて、未登録は先程から黙ったままの彼の方を窺い見た。
目が合うと、エンヴィーは瞳を淡く細めて。
そして、いつになく無表情で口を開いた。


「これは取り引きだよ。未登録がこっちに来るなら、おチビさん達の命を助けてあげる」


命の代わりにあちらに行く。
あの日と同じ二択。



いや、少し違う。



「未登録、聞くな。お前が犠牲になる事ないんだ」

「……。貴方達は、私を…」

「そうだよ。殺しに来た」

エンヴィーの瞳は静かに冴えていた。
彼らの「お父様」ならそう命令するだろう。
そもそも未登録には大して利用価値など無いのだから。




だったらこの交渉は。
未登録はもう一度エンヴィーの方を見る。



闇の中でも猫の瞳に似て映える人外の色。
これ以上は譲歩しない。
当の昔に答えを出し切っている、そんな冷たい目。
きっと彼はもう次の行動を決めているのだ。

だけど未登録はといえば、どうしたらいいのか分からない。


『お嬢さんにその気があれば』

邪魔者である筈の自分が、あちら側に行く。
それは、今度こそ「あちら側の人間になる」という事だ。

[ 101/177 ]

[*prev] [next#]

[page select]


[目次]

site top




×