9:帰る場所-前編-







「いいかい、未登録。お父さんが錬金術師だという事は誰にも言っちゃいけない」




「…エドとアルにも?」


「そうだ」

「どうして?」


「この力は、人を不幸にするからだ」

「だから未登録にも教えてくれないの?便利なのに」

拗ねた目で見上げた私の頭を撫でた、大きな手の感触を覚えている。


父に錬金術を教わった事はない。
その頃は「願いを叶えてくれる魔法」を使える様になりたくて、度々書斎からこっそり本を持ち出していた。
エドとアルと遊ぶ時も、随分と落書きをしたものだ。

それに気づいた父は、仕方のない子だと笑った。


「知りたいと思うのは人間の性」

でも好奇心は時に人を殺すのだと。





そう言った父はもう居ない。




太陽に近づけば、
この身も焼かれるのだろうか。




たとえそれが、
模造品であったとしても。










茹だる暑さに、未登録は思わず跳ね起きた。

空気が重い。
息苦しいくらい病室が暑くて。
耐えられずベッドから抜け出して廊下に出た。
それでも一向に気分が良くならなくて、血の様に真っ赤な空間を何処までも歩いた。

無心に歩き続け、息を切らし始めた頃、道の先に長い黒髪の女が目に入った。
その足元にはぐだぐだになった人形が二体落ちていた。
それは過去に失った人だった。


恨み言の一つも言ってやりたかったのに、その人物はいつもの様に艶やかに笑ってすぐに消えた。
急いで人形に駆け寄ったけど、未登録が腕を掴もうとした矢先、
瞬く間に紅い廊下に沈んでいった。


暫くその場に座り込んで途方に暮れていると、廊下の先からあの看護婦が現れた。
歩み寄ってきた彼女は、青年に姿を変えて。

その腕を未登録の首に伸ばしてきた。



「…私も殺すの?…、…そう。」


指に力が込められる。
だらりと腕が下がる。

未登録は瞳を閉じながら、虚ろにエンヴィーの顔を見上げた。




それは何故だか、泣いている様に見えた。









知っていた気がする。




鈍く錆びた容器に、


純粋なものが宿っている事。

[ 94/177 ]

[*prev] [next#]

[page select]


[目次]

site top




×