7:雨








地上の哀しみを歌う空は、



泣きやむ事を知らずに。














状況を説明しろとうるさいラストを置いて、俺は部屋を出た。

行く筋ものパイプが壁と天井を走る、獣の呻き声がこだまする陰気な通路。
いつもなら心地よく感じる闇が気だるい。
此処には窓も隙間もないから空模様など分からない。
音も聞こえない。
好ましい筈の環境が、今は耐えられなかった。








なんでか思い出すのは昔の事ばかりで。


駆け巡る走馬灯は見慣れ過ぎた一人の人間でいっぱいだった。

やたら気の強いそのガキは幼くて。
一歩も退かない癖に、時々頼りなく縋る様にその目を和ませて。




いつだったか、嬉しそうな顔をして。



その記憶ばかり鮮やかで。








誰が死んだって構わなかった。
誰が居なくなろうがこの世界は回り続ける。
気に食わない奴には消えて貰う。



大勢居る中の、沢山の中の一つだと疑わなかった。
苦しみ喚いていればよくて、それが自分の愉しみで。





今なら分かる。




俺の望みはそんなところには無かったんだと。









地上に出ると、暗い灰色の空すら眩しかった。
恍惚とさせる一連の思考は雨に断ち切られ、雨に冷やされる。




やっぱり酷い雑音だった。











願いに気づいても、
生きていたとしてももう会えない。




目を閉じる度、
血の滲んだ羽根が散る。







開け放した檻は、






錆びた鉄屑。

[ 85/177 ]

[*prev] [next#]

[page select]


[目次]

site top




×