僕は宇宙人系男子 | ナノ


「えっへへ、また火之迫さんに怒られちゃったっす」

「……火之迫さんに怒られて笑ってられる人を見たの、僕初めてです」

「えへへ」

「……褒めてないですよ、日比野さん」


彼女の名前は、日比野なつき。つい先月入ってきたばかりのアルバイトで、このコンビニでは一番の新人です。

ごく普通の地球人かつ、ごく普通の日本人ですが、ごく普通の女子高生……というには、かなり変わった性格と口調をしている方だと思います。


「日比野さんのその喋り方は、クセなのですか?」

「そうっすねー。直そうとは思ってるんっすけど、どうしてもこうなちゃって……。だから、星守先輩みたいにちゃんと敬語使えるの、羨ましいっす!」

「はぁ……」


外見は、地球人的にも国籍的にも年齢的にも標準。背は同年代に比べやや小さめ、髪も同性の中ではかなり短い部類ですが、特に逸脱したところは見られません。
所謂、何処にでもいる系統の見た目をしていますが、内面はなんというか、天然です。


「まぁでも……日比野さんは挨拶がしっかり出来てますし、真面目にやってるのが分かりますので……店長も、無理に直さなくてもいいと言っていましたよ」

「ホントっすか! でもやっぱ、星守先輩みたいに敬語使えるよう、練習するっす! 自分、頑張るっす!」

「そうですか……あ、いらっしゃいませ」

「いらっしゃいませーっす!」

「……日比野さん」

「あぁーーっ!! またやっちまったっす!!」


こんな方なので、僕の正体に勘付いているかもしれない……というのは、杞憂かもしれません。
ですが、警戒するに越したことはありません。
油断をして、うっかり尻尾を掴まれるようなことがあっては、要らぬトラブルを招いてしまいます。

無事に地球潜伏生活を終える為にも、より地球人になりきることに徹しなければ――と、彼女に出会う前から、気を付けてきてはいた筈なのですが……。


「えっとー、からあげちゃんのレギュラーとー……フランクフルトと骨なしチキンと、コロッケ二つー……あと、肉まんとピザまん一個ずつください」

「はいっす! からあげちゃんのレギュラーがお一つ、フランクがお一つに、コロッケがお二つ! あと……」

「肉まんとピザまんが一個ずつですね。お待たせ致しました」

「えっ?!! お兄さんもう取ってきたの?!」

「……………」


またやっちまったっす。

彼女のようにそう言えたなら、どれだけ楽か。

僕は苦笑いさえ浮かんでくれない顔を強張らせながら、注文の品々を袋に詰めたのでした。





「やっぱ星守先輩すごいっす!! 揚げ物とか中華まん取るの速過ぎっす!!」

「ト……トングを長年使ってきてるもので…………」

「マジっすか!? 星守先輩、ボールはトモダチみたいな感じでトングとトモダチだったんっすか?!」


地球人のスピードに合わせるというのは、今になっても慣れないもので。
僕なりにかなりゆっくりやっても、地球人の方から見ると凄まじい速さのようで、度々こんな風に驚かれてしまいます。

その都度、適当な言い訳をして、どうにか流してきた僕ですが……これが、日比野さんの登場により、思わぬ命取りになってしまいそうなのです。


「はぁー……。自分もトングとトモダチになったら、もっと早く揚げ物取れるっすかね……」

「星守みたいにやろうと思うんじゃねぇぞ、日比野。お前ただでさえ落ち着きねぇのに速くやろうとしてみろ。チキンが宙を舞うぞ」

「その舞い上がったチキンも、星守先輩ならキャッチ出来そうっす! というか、こないだやってたっす!」

「マジかお前」

「……トングが、導いてくれたみたいで」


あくまで、地球人の範疇。故に誤魔化しきれてきた半年間。周囲の方々は、僕の多少逸脱した動きを見ても「すごい」の一言で片付けてくれていました。

しかし、彼女……日比野さんは、これを全く予期せぬ言葉で形容してくれたのです。


「すごいなぁ。やっぱあれだよ、星守くんは。こないだ日比野ちゃんが言ってたあの……えーっと、確か……」

「宇宙人っす!」


地球人らしく振る舞うことに徹し、早半年。

時たまミスをしでかすことがありながらも、どうにか疑われることなく、フリーター・星守真生としての日々を送ってきた。
故に、初めて彼女にそう言われた時は、心臓部(コア)が一瞬止まったかと思いました。

自分は、地球人の常軌をそこまで逸脱してしまっていたのかと。会ったばかりの少女に見抜かれてしまう程だったのかと。焦りと絶望感に見舞われ、返す言葉に詰まっていました。
が、日比野さんが言っているのは、僕を異星人だと断定したということでもないようで。
初めてそう言われた日から今日まで、未だ僕が此処で過ごしていられているのも、彼女のある言葉があったからなのです。


「星守先輩は、宇宙人系男子っす!!」


そう。日比野さんから見た僕は、宇宙人ではなく、宇宙人系男子、らしいのです。


prev next

back









BL小説コンテスト開催中
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -