オリジナル | ナノ


▽ 鏡の中の彼女にサヨナラ


 俺、増山朝陽(ますやま あさひ)には彼女がいる。名前は陽菜。
 白いワンピースの似合う、同い年の女の子。
 大人しい大和撫子。
 大好きな俺の彼女。

 だけど、彼女は鏡の中にしかいないんだ。



「朝陽、カラオケ行かねー?」
「悪い、パス」

 放課後になると慌ただしく教室を後にする。遊びに誘われると申し訳ないが断った。
 だって、陽菜(ひな)と会える貴重な時間だ。
 自転車に飛び乗って、家まで走る。

「ただいま」

 返事は返ってこない。父さんは今夜もきっと遅いだろうな。テーブルの上に置いてある手紙とお金を見て、ため息を吐く。今夜はこれで陽菜とファミレスにでも行こう。
 自室で制服を脱ぎ捨てていく。まずは服から。押し入れから白いワンピースを取り出す。
 今日は白いワンピースに、紺色のカーデガンを羽織ることにする。白のレースソックスを履いて、紺のサンダルを合わせよう。陽菜はあまりヒールのある靴を好まないので、ぺたんこだが、俺との身長差を出したくないんだろうな。可愛いやつめ。

 それから鏡に向かいながら、ウィッグを被る。まだ、女の格好をしただけの俺。でもここでようやく陽菜と話せるようになる。

 ――うん、今日も朝陽くんの趣味はいいね

 どうやら今日も何とか合格点をもらえたようだ。

 メイクをする時はいつも緊張する。失敗したら陽菜が拗ねるからというのもあるけど、いつまで経っても慣れる気がしない。道具も多くは使いこなせない。それでもネットだとか雑誌だとか動画だとかを見てなんとか勉強しているので、まあ、同年代の男子よりはマシだろう、というくらいの知識はある。もちろん女子に敵うはずもないが。
 陽菜の可愛さを引き立たせるようにナチュラルメイクを施して(ナチュラルといってもすっぴんとは違う。知らなかった俺は一度陽菜に怒られたことがある)最後にピンクのリップを塗る。

「おはよう、陽菜」

 ――おはよう、朝陽くん

 鏡の中で陽菜が微笑んでいた。




 俺と陽菜が初めて会ったのは中学二年の春だった。小学生の時にちょっとした事件があって女子に憧れと同時に恐怖を抱いていた俺は、ずっと誰とも付き合わずに生きていくのだと思っていた。俺が好きなのは大和撫子だけど、現実にはそんな女の子はなかなかいない。どんな女にも怖い一面が隠されている。だから俺は女子が苦手だった。
 でも、俺は考えた。
 俺には理想の女の子がいる。白いワンピースが似合う、可愛い、大和撫子。
 現実にいないのならば、作り出せばいいのではないか。

 父子家庭で一人の時間を持て余していたものだから、そんな発想に至った。
 今時通販で女物の服は買える。ウィッグも買った。最初はそれだけだった。
  160センチと、男子の中でも背が低かった俺には、意外とワンピースが似合っていた。あまり日に焼けていなかったせいもあるだろうか。
 その時、頭の中に声が響いたのだ。

 ――初めまして、朝陽くん

 透き通るような声。

 ――私は陽菜。よろしくね

 陽菜は鏡の向こうで微笑んでくれて、俺はそんな陽菜に恋をした。
 それが、始まり。



 陽菜、今日は何が食べたい?

 ――私、ハンバーグがいいな

 いいね、じゃあファミレスでいい?

 ――もちろん

 俺は陽菜と一緒に近所のファミレスに向かっていた。店員に一人ですと答えて入るのはいつも抵抗があるが、仕方がない。俺の姿は今は見えないのだから。

 ――んー、美味しい

 陽菜が美味しそうにハンバーグを口に運ぶ。うん、可愛い。俺ってこのために生きてるな。
 ただ、俺にはある心配事があった。俺の姿は他の人間には見えない。だから、陽菜が誰かにナンパされるのではないかってことだ。
 というかされたことがあるのだ。今もチラチラとこちらを見てくる男が何人かいる。やっぱり外になんて出ない方が良かっただろうか。

 ――もう、朝陽くん。私は朝陽くんと付き合ってるんだから、大丈夫ですー

 でも、俺は陽菜を守ってやれないわけで。

 ――こう見えて私も強いので大丈夫。それより朝陽くんだってモテるでしょ? 私だって心配なの

 いや、俺は全くモテないよ。でも陽菜がいるからいいんだ。



 これが俺の幸せな日常だった。





 ところが……

「増山、俺、増山のことが好きなんだ」

 告白されたなんて小学校ぶりじゃないだろうか。陽菜には俺から告白したし。
 俺は目の前で顔を赤らめながら俺を見てくるイケメンの顔をじっと見た。イケメン――男だ。同性だ。
 名前は山崎颯真(やまざき そうま)。同じクラスの人気者。同じ中学出身で、何回か同じクラスになったことはあるが、あまり話したことはない。

 そんなイケメンが平々凡々な俺に告白?

「……罰ゲーム?」
「違う。本気なんだ」
「えっと、なんで?」
「中三の頃からずっと好きで、諦められなかった」

 たしかに中三の時も同じクラスだった気がするけど、話したことないじゃん。てか男同士だよな!

「俺、付き合ってる子がいるから……」

 そもそも山崎のことよく知らないし。クラスのムードメーカーみたいな感じなのはよくわかるけど、あんま絡まないし。
 俺には陽菜より好きになる人なんて現れないし。

「……わかった」
「その、ごめん」
「でも、増山に彼女がいるって知っててもずっと諦められなかったんだ。だから、頼みがあるんだ」
「頼み?」
「増山と彼女のデートを見せてほしい。そしたら諦められる気がするんだ」





 ――それで、あんまり必死だったから、いいよって言っちゃたんだ?

 ごめん……。

 陽菜は怒っていなかった。ただ面白そうに笑っている。

 ――いいよ。朝陽くんを狙うライバルだもん、顔見ておきたい。でもどうやって三人で会うつもりなの?

 一応考えはあるんだけど、な。





「陽菜ちょっと遅れてくるし、あんまり長居できないって」
「日を改めた方が良かったかな?」
「いや、できれば今日にしてほしいって」

 先に二人で喫茶店に入る。メニューを眺めていると俺のスマホが震えた。

「悪い、ちょっと電話してくる」
「うん、わかった」

 そのまま外に出ると、ダッシュで家に戻る。用意してあった花柄のワンピース、ベージュのカーディガン、花のワンポイントがついたサンダル。白のレースソックス。

 ――勝負服!

 陽菜が意気込んでいる。メイクをする俺の手にも力がこもる。

 ――じゃあ、いこう

 うん。あとは頼む。

 ――任せて

 ここからしばらくは陽菜に任せることになる。俺の姿が見えないばかりに申し訳ないが、やる気満々な陽菜は可愛い。



「山崎颯真、くん?」

 周囲の視線が集まるのがわかる。イケメンがしばらく一人でいたと思ったらこんなに可愛い女の子が声をかけてきたんだから、当然かもしれない。

「あの二人、お似合いね」

 近くの席から聞こえてきた声に傷つく。うう、俺では確かに陽菜と釣り合わない。

「……君が」
「初めまして、陽菜です」

 陽菜が頭を下げると山崎も頭を下げる。それから陽菜が山崎の向かいの、さっきまで俺が座っていた席に座る。

「朝陽くんは?」
「電話してる」
「そうなんだ」

 陽菜もなかなか演技が上手い。俺がここにいることなんて知っているくせに。

「増山から、俺のことなんて聞いてる?」
「告白されたって。諦めるために彼女といるところが見たいって」
「うん、そうなんだ。今日はわざわざありがとう」

 はたから見れば美男美女のお似合いのカップルなのに、二人とも平凡な俺のことを好きって言うんだから驚きだ。
 うん、自分で考えた作戦だけど、陽菜と山崎を二人っきりにすることが不安になってきた。陽菜がこんなイケメンに惚れたらどうしよう。

「増山のどこが好きなの?」
「全部。あなたは?」
「俺は、幸せそうに笑った顔かな」

 二人が俺の好きなところを言い始める。何とも居たたまれない状況だ。

「でも俺が好きなったのは、君のことを思って笑う増山だからなあ。好きになったと同時に失恋したんだ」

 そう、山崎は続ける。
 イケメンは悲しそうな顔をしてもなおイケメンである。

「でも、一年間諦められなくて。こうして会ってみたら諦められるかなって思ったんだけど」
「……人の気持ちは簡単に変えられないから、無理に変わらなくてもいいと思う。私にはどうしようもできないし、諦めて、なんて言う資格はないから」

 さすが陽菜だ。優しすぎるだろう。
 さて、そろそろ俺も戻らないと。

「ごめんなさい、もう帰らないと……ちょっとくらいなら朝陽くんと二人でお茶してもいいよ」

 そう言って、陽菜は喫茶店を後にする。

 喫茶店を出ると、また、家に走る。

 ――山崎くん、朝陽くんのこと本当に好きなんだね

 そうかな。

 ――うん、私のライバルとして認めてあげてもいいかも

 陽菜がどんなに認めても俺は陽菜以上に好きにならないんだけどなあ。


「悪い、遅くなった」

 喫茶店に戻ると山崎が顔を上げる。

「陽菜、もう帰っちゃった?」
「うん、少し前に」
「悪かったな、今日は……奢るよ」
「いや、俺のわがままに付き合ってもらってるんだし、俺に奢らせて」

 そのまま二人でコーヒーを飲みながら他愛ない話をした。意外と楽しかった。





「増山」

 あれから、山崎に学校でもちょくちょく話しかけられるようになった。陽菜が無理に諦めなくてもいいなんて言ったからだろうか。
 あれ以来好きなんて言われたりはしないが、少し身構えてしまう。
 それでも、山崎と話すのは、わりと楽しかった。
 山崎が俺を好きとか、そんなことなくて、普通の友人になれたらきっと楽しいんだろうな。

「増山、何してるの?」
「陽菜のプレゼント考えてて。このワンピースとかどうかな」
「ああ、確かに似合いそうだな」

 でも少し高いしバイトとかした方がいいのかなあと考える。でもそうすると会える時間が減ってしまう。でもプレゼントはそろそろ自分の稼いだ金で用意したい気持ちもある。

「増山って彼女といつから付き合ってるの?」
「中二」
「告白はどっちから?」
「俺」
「俺さ、彼女の写真撮ってあげようか。ツーショットは無理だけど、やっぱ自撮りだけじゃなくて第三者が撮った写真も欲しくない?」
「……欲しい」

 あれ、もしかしてバレてる?





「うん、だって俺増山のこと好きなわけだし。いくらメイクしてても同じ顔だってわかるよ」
「だったら教えてくれても良かったじゃない。朝陽くん凹んでるよ」
「ごめんごめん」

 先日の俺と陽菜の苦労は何だったのか。
 だがそれよりも不思議なのは山崎の話し方だ。俺と陽菜を別人として扱ってくれているのだ。

「こういうのも一種の二重人格なのかな? 俺、陽菜ちゃんのことは可愛いと思うけど恋愛対象じゃないなあ」
「山崎くんって結構失礼だよね」
「だって俺増山のことが好きだし。同じ入れ物でも陽菜ちゃんは別人でしょ」
「まあ、わかってもらえて嬉しいけど。あ、朝陽くんが写真撮ってって」
「わかった」

 俺は陽菜がいる時は声を出さないことにしているので、陽菜の方から山崎に伝えてもらった。だって陽菜の写真が撮れるチャンスなのに山崎は全然写真を撮らないのだ。このままでは陽菜の可愛い写真を撮り逃してしまう。

「俺は増山の写真も欲しいなあ」
「あ、私もほしー」
「だよねー」
「朝陽くんはやだって」
「ちぇー」

 こうして三人で話すのも悪くないかもしれない。陽菜は他に友達もいないし、俺も意外と楽しいし。
 でも、山崎はそれでいいんだろうか。

「こうして増山のデートにまぜてもらえて、楽しいよ。でもそんなに気にするなら増山のことも撮っていい?」
「だから駄目、だってー」
「駄目かー」



  ※※※


 俺、山崎颯真には好きな人がいる。
 中三の時に好きになった人、増山朝陽。
 あまり話したことはない、クラスメイト。でも中三の俺は、彼の幸せそうに笑った顔に、恋に落ちた。

 ――うん、大好きなんだ

 そう言って、幸せそうに自分の彼女のことを語る増山に。


 恋に落ちたのと失恋と、どっちが先なんだかわかりゃしない。
 そもそも好きになんてならなければ良かったのに、恋ってものは不思議なもので、どうしても諦められなかった。
 それから一年が過ぎて。偶然同じ高校で、また同じクラスになって。目はいつも増山を追っていた。

 諦めたくて、諦められなくて、諦めたくなくて。

 増山の彼女に会えば諦められるんじゃないかって思ってた。増山があんなに大好きな人。それを前にした増山を見たら、いくらなんでも俺には叶わない恋だと諦められるんじゃないかって。

 それなのに、今は、奇妙な三角関係が出来上がってしまった。
 三角関係っていうか、カップルの片方を俺が好きなだけなんだけど。

「そういえば身体測定あったんでしょ。朝陽くん、背、伸びた?」

 陽菜が問いかける。目の前にいるのは俺だけだが、問いかける相手は俺ではない。増山だ。
 陽菜は、増山の彼女で、だけど増山だ。何を言っているかわからないと思うが、それが事実なのだから仕方がない。
 彼女は増山のもう一つの姿。黒いサラサラのロングヘアー。今日は紺色のワンピースに白いレースのカーディガンがよく似合っていて可愛い。たまにワンピース以外のものも着るが、ワンピースがお気に入りだそうだ。

 増山は、この姿にならないと彼女と話せないそうだ。こういうのも一種の二重人格なんだろうか。それか増山のかけた暗示?
 でも。俺は陽菜という人は存在していると思う。何せ俺の手強いライバルである。

「あれ、教えてくれないんだ。じゃあ山崎くん知ってる?」

 本当は増山と陽菜の世界は二人だけで完結している。だから、声に出さなくても、頭の中だけで会話ができる。それなのにこうして言葉にしてくれるのはここに俺がいるからだろう。
 陽菜がいる時は決して増山は話さないから。

「たしか二センチ伸びてたよな」
「そうなんだ。よかったね!」

 もし俺たちの会話を聞く人間がいたら首を傾げるだろう。一人ぶんの声が足りないのだから。
 まあそんなことは気にならないけど。

「あれ、朝陽くん拗ねちゃった。なんで教えるんだって、山崎くんに言ってる」

 二センチしか伸びなかったから悔しかったのだろうか。しかもそれを彼女にバラされて。
 
「悪かった」
「……朝陽くん、拗ねて引っ込んじゃった」

 おや、結構怒ってる。どうやって機嫌を直せばいいか。

「ねえ、山崎くんに話したいことがあるの」
「何だ」
「山崎くんはまだ、朝陽くんのこと好き? あ、朝陽くんは聞いてないから何を言ってもいいよ」

 陽菜は俺が増山を諦めたとでも思っているのだろうか。

「好きだよ。たぶん、ずっと諦められない。陽菜ちゃんには敵わないってわかってるけど」
「ありがとう、朝陽くんのこと好きでいてくれて――山崎くんに、お願いがあるの」

 陽菜は真っ直ぐに俺を見てきた。睨み付けるみたいに、真っ直ぐ、強い力で。

「私たちもう、高校生でしょ。朝陽くんも背が伸びた。私には隠したかったみたいだけど、わかるよ。同じ体だもん。まだこうしていても不自然じゃないけど、たぶんそのうち無理が出てくる。どうしたって朝陽くんの理想の私にはなれなくなる。だからね、私はそうなる前に消えようと思うの」

「……陽菜ちゃん?」

「私は朝陽くんの理想の女の子。いつまでも白いワンピースが似合う可愛い女の子じゃないといけない。中途半端な姿を大好きな彼に見せるわけにはいかない」

 気がつかなかった。だって陽菜はいつも可愛い女の子で。増山は増山で。増山の成長が陽菜に影響してしまうなんて。二人は同じ体を共有しているのに、気がつかなかった。

「でもまだお別れしたくない……もう少しだけ一緒にいたい。来週の朝陽くんの誕生日は一緒に過ごしたいの。でも、そこで消えようと思う。それでね、私が消えたら――山崎くんに、朝陽くんのことお願いしたい」

 陽菜が俺に諦めなくてもいい、変わらなくてもいいと言ってくれた理由がわかった。
 増山が、陽菜の写真を欲しがる理由も。

「私、山崎くんになら、朝陽くんを任せてもいいって思ってるんだから」




 次の週末、増山の誕生日パーティに招かれた。増山はひどく不満そうに「陽菜がお前も呼べって」と俺を誘ったからだ。
 本当は二人っきりが良かったけど、せっかくだから写真を撮ってもらって、三人でパーティしよう、と陽菜に言われたらしい。
 増山は本当に陽菜に弱い。

 駅に迎えに来てくれた二人に案内されて、初めて陽菜に会ったあの喫茶店のすぐそばに家があると知った。なんでもあの日は家に走って陽菜になって俺の元まで戻ってきて、また増山になってから戻ってきたらしい。大変だったろうなあ。

 家の人も陽菜のことを知っているのかと思ったが、陽菜の存在を知っているのは俺と増山だけらしい。今日は増山のお父さんは仕事だそうだ。

「お母さんは?」
「――小さい頃に、亡くなったんだって」
「ごめん」
「別にいいよ、って」

 ということは俺と、陽菜と、増山の三人だけか。陽菜がいて良かった。二人っきりだと緊張してしまう。

 ……でも、陽菜は今日、消えてしまうんだろうか。



「朝陽くんおめでとう」

「増山、おめでとう」


 ご馳走は陽菜が作ると聞いていたので、ケーキを買っていくことを約束していた。
 陽菜が作ったご馳走は、おそらく増山の好物ばかりなのだろう。からあげに、オムライスに、ローストビーフのサラダとコーンスープ。どれもとても美味しかった。

 俺が用意したのは小さなホールケーキ。二、三人で食べきれるかなという大きさのショートケーキだ。

 ご馳走と一緒に沢山陽菜の写真を撮ってやる。
 これが最後かもしれない。そう思ったから、いつもよりずっと。

「山崎くん、私コーラが飲みたいな」
「へ」
「お願い、買ってきてもらっていい?」

 そう言われて、気がつく。
 最後に、増山と二人になって、それから消えるつもりなのだろうか?

「……わかった」
「ありがとう」
「じゃあな、陽菜」
「ばいばい、山崎くん。よろしくね」

 これが陽菜と最後の会話だった。

 コーラを手に戻ってきた俺が見たものは、ワンピースを着たまま泣いている増山の姿だった。




  ※※※


 ――ね、わかって?

 ――私はずっと貴方の理想のままで消えたいの

 ――ずっと一緒にはいられないって、気づいてたでしょ?


 嫌だ、嫌だ、嫌だ。


 ――貴方は私。私は貴方。私は消えてもずっと貴方のそばにいるよ

 ――貴方は私。だからわかるよ。この恋は本当は歪なニセモノ

 ――それでも、私にとっては本物だった


 俺にとっても本物だったよ。


 ――でも、貴方はこれから本物の恋を知るの

 ――その相手は私じゃない

 ――わかってたよ。あの人に惹かれてるって。だってあんな目で見られちゃ、ね。最初に断れなくて私に会わせたときからずっと


 違う、違うんだ。

 俺には陽菜がいないと、駄目なんだ。


 ――さようなら、朝陽くん。大好きだったよ。幸せになってね


 陽菜は最後に微笑むと、俺の中から消えてしまった。
 俺は陽菜の姿をしているのに、もう、陽菜はいなかった。




「増山、陽菜ちゃんは……」
「消えた……もう、いない」
「そうか」

 山崎は俺の姿を見ただけでそこに陽菜がいないと気づいたらしい。

「陽菜は、この恋がニセモノだって言うんだ」

 涙が後から後からこぼれ落ちる。
 山崎はただ黙って聞いて、俺の頭を撫でてくれていた。

「本物の恋をしなさいって……言うんだ」

 俺は陽菜のことを忘れられるだろうか。嫌だ、忘れてしまいたくなんてない。ずっとずっと陽菜だけを好きで居続けたい。

「ニセモノとか本物とか、どうでもいいよ。お前は陽菜ちゃんのことを忘れなくていい。俺もずっと覚えてる」

 どうしてだろう。
 山崎が陽菜のことを覚えてくれているなら大丈夫な気がした。


「俺は、増山のことを諦めない。だから増山も陽菜ちゃんのことを諦めなくていい」

 山崎が真っ直ぐこちらを見てくる。俺の苦手な目だ。



「だから、また陽菜ちゃんに会えるまで、俺と一緒にいてくれないか?」




 ――たぶん私がいたって朝陽くんは落ちちゃうと思うなあ


 聞こえないはずの陽菜の声が聞こえた気がした。






prev / next

[ back to top ]


BL小説コンテスト開催中
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -