ヘッダー画像

「ぼくの事を、覚えてはいませんか?」

舞台は学園文豪ストレイドッグス。武装生徒会で環境委員を担いつつ、ごく普通の日常を送ろうと尽力している送っている夢主。でも、春の風が心地好いある日、同じクラスに謎の美形帰国子女がやってきた!どうやら知り合いのようだけど、自分には全く身に覚えが無くて…?
左隣にはイケメン自殺愛好家、右隣には謎の美形帰国子女。完全に退路断たれた夢主は、無事、いつもの平凡(?)な日常を取り戻すことが出来るのか?
書記の仕事を押し付けられながら学園の環境を保護する、そんなドタバタコメディ&ちょっぴりほろ苦の甘酸っぱい青春日常ストーリー。

「ひょっとして、君は私の―――」

恥を最後に笑えるのが青春でしょ?



一時限目:天才美形転校生と感動の再会?


【二年A組出席簿】
  1. 宣戦布告=朝礼での挨拶
  2. マウント取り合う一時限目
  3. 瞳の色、花の色、あなたの
  4. 虫になりたい、黄昏時
  5. 平穏無事期間終了のお知らせ


×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -