Chapter 4


 この身体すら、己のものではないような気がした。
 雨音だけがすべてを覆い潰してゆく。

- 204 -



[] * []


bookmark
Top
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -