ニーハイ


「…これでいいか」

「…何か違う、…何か違う!」

学校帰りに寄った彼の部屋。
目の前で喚く恋人を見ながら、俺はただ溜め息を溢した。

今日は11月28日。いいニーハイの日らしい。
俺は聞いたことないし、いいニーハイとは何だと思ってしまう。デザインが良いとかか。
まぁ、恋人はその日だとテンション高く、ニーハイとスカートなんぞ買ってきやがった。…俺に。

俺が履く意味も分からないし、普通に嫌だし。けれど、恋人の頼みは断りづらい。
一度だけだしいいか…と着てみたは良いものの、この反応。

「だから似合わないと言っただろ」

「いや!そうじゃなくて!似合ってるし物凄くエロくて可愛いんだよ!」

「エロ…可愛い…」

興奮しているのか、怒っているのか、分かりづらい表情で声をあげる恋人に、ちょっと引いた。
エロくて可愛いとか、本気で意味が分からない。

「俺が想像してたのはさ!もうちょっとこう…お前がモジモジしてるっていうか…」

「…俺がモジモジしてたら余計にキモいだけだろ」

「恥じらいが良いの!エロいの!」

「…エロ…」

ダメだ、こいつは何を言ってるんだ。

恥ずかしいと言えば恥ずかしい。けれど、モジモジする程ではない、…というか色々吹っ切れないとまず着ないだろ。

早く脱いでしまいたい、と溜め息を溢しながらスカートの端を摘まむ。
すると突然、ソファに押し倒された。

「っ…何だよいきなり…」

「今の、エロかった」

「はあ?」

お前のエロポイントは何処にあるんだ。
先程より興奮している恋人は、俺に覆い被さりながらスカートの中に手を入れてくる。

「あっ…ちょ、待て…!」

「…無理、それもエロい」

「ぁ…ッ」

さっきからエロいエロいって!頭おかしいのか!

そう心中怒鳴りつつも、内股を撫でられて、小さく声を溢してしまう。
俺は、慌てて彼の肩を押し返しながら自分の口を抑えた。

するとまた、エロい、の一言。

「やっぱこの絶対領域だよね!…あとお前の反応、何かイケナイコトしてるみたいでエロい」

「ふざけ、ッ…ん、ァ…そこは…っ」

「ねぇ…また、ニーハイ履いて?お願い」

危うい所を触られて体が跳ねる。恥ずかしさに顔に熱が集まる。
もう嫌だ、そう思いながらも恋人の仔犬のような表情でのお願いに俺は、

「っ…少しだけ、な…」

「!やった!大好き!」

「ひ、あぁ…!」

どうしても、断ることが出来ないのだ。






*……‥‥
変態ワンコ×お人好し男前。
女装とかしても、あんまり恥ずかしがらない男子が好きです。
変態ワンコのエロポイントはよく分かりません…(笑)

というかニーハイ感薄くて…(((



 [戻る] [topへ]

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -