店長に抱かれたい | ナノ


▼ 3 夜に家で

俺と店長がバイト先の控え室で、禁断の触れ合いをしてから約二週間。
悲しいことに、あれ以来何も起こっていない。

ちょっとした遊びだったのだろうか。
いや、さすがに俺も大人の彼が、二十そこそこの俺に本気になってくれるなんて、大それたことは思っていない。

しかし己の貪欲な性欲は我慢の限界をきたしていた。


日曜の深夜過ぎ。
少し開けた窓から、アパートメントの玄関扉がバタンと閉まる音がした。

店長が帰ってきた。
俺はペンを止め勉強机から立ち上がり、急いで身だしなみを整えた。

部屋を出て階下へと向かう。
一階にある手洗いと風呂は共用なのだ。

玄関に出ると、コートを羽織り紙袋を抱えた店長がいた。

「おや。ロキ、まだ起きていたのですか」
「はい、ちょうどレポートが終わったとこっす。お帰りなさい店長!」

およそ夜のテンションでなく大袈裟にお辞儀をすると、笑い声が漏れた。

「ただいま。偶然とはいえ、そう言ってもらえるのは嬉しいものですね」

いや偶然ではない。俺はほぼやましい気持ちで、彼を待ち伏せしていたのだ。
仕事終わりの店長を堪能し、あわよくばーー

「ロキ。もう寝てしまいますか?」
「はいっ?」

寝る、という言葉を聞いただけで違う想像をした。
まさか誘われる…わけないよな。
そう思いながら速効で首を振り否定する。

「そうですか。もうこんな時間ですが、良かったら少しだけ私に付き合って頂けませんか」
「……も、もちろんです! 俺なんでも付き合いますよ、明日休日ですから!」
「私もです。ではこちらにどうぞ」

にこりと微笑み、店長の住居に招かれる。
ああ、我慢してきたが、まさかこんなチャンスが訪れるとは……。

暗色と淡色をうまく組み合わせた、モダンな室内はかなり広い空間だ。
経営するアンティークな喫茶店と趣は異なるが、洗練された家具や照明類に、彼の繊細なこだわりが伺える。

寝室らしき扉から、着替えて出てくる店長。部屋着も素敵だ。
朝はきっちりセットした黒髪を、無造作に崩していて色気がある。
さぞいい香りがするだろう。

テーブルの前で椅子に屈みこみ、視線で追う。
密室に二人になると、どうしてもあのときの秘め事が頭を過る。

「実は、君に新しいカクテルを試してもらいたいのです」
「……へっ? カクテルすか?」
「ええ。君はお酒が好きだと聞いてますし、かなり強いんですよね」

カウンターで準備をしながら、慣れた手つきで微笑む。
仕事の時の店長だ。

こっそりと自分を恥じた。
仕事の話だったのに、俺はなぜいつも卑猥な方向にしか考えられないんだ。
しかし内心、がくりと肩を落としていた。

「確かに強いですね。ダチには底なしのざるって呼ばれてますから、ハハ…。そういうことなら、俺に任せてください店長!」
「ありがとうございます。では君の味覚を頼りにさせてもらいますよ」

数種類の酒を飲み、意見を出し合う。
仕事に関わることだから真剣に取り組むが、店長の役に立てるというだけで嬉しい。

だが自分が酒に強いということに後悔した。
酔った勢いでしなだれかかるという真似も出来ない。
まぁ俺はもともと、甘えるタイプではないが……体格からしても似合わないしな。

「このウィスキーをベースにしたもの良いですね。男性客に受けると思いますよ。こっちのフルーツ系は女性が好きそうです。見た目も色も綺麗だし」
「なるほど。自信が持てました。やはり君に聞いてみて良かったです」

眼鏡の奥の瞳が、優しく細められる。
この笑顔の為ならば、俺は何でもしたくなる。

話が弾む。腕時計の針をちらっと確認し、まだ居てもいいだろうかと思案する。

「ロキ。もう眠くなりましたか?」
「いや全く眠くないです。ギンギンですよ。何でですか。あ、俺もしかしてお邪魔でしたか」
「違います。時間を気にしてるようだったので。すみません、君といるのが楽しく、つい引き留めてしまいますね」

そうやってまた、俺は店長の言葉に身が焦げるような思いに囚われる。

「同じです。楽しすぎて、帰りたくないです」

勇気を振り絞り、向かいの瞳を真っ直ぐ見つめる。
グラスを握っていた手を、テーブルの上で少し彼の手に近づけた。

やはり俺は堪え性がない。
この千載一遇のチャンスを棒にふるには、若すぎると思うーー。

「ロキ……何を考えているのですか」
「あなたのことです。店長」
「……ふむ。それは嬉しいですね」

微笑みで焦らしてくるようだ。

「君は何をしたいのですか」
「店長の隣に座りたいです」
「そんなことですか。どうぞ」

椅子を引いた彼の隣に回り、どさっと腰を下ろす。
背もたれに長い腕をかけ、大人の笑みで笑いかける店長が、眩しい。

距離を縮めるには、今しかない。

「あの……ですね」
「はい。何でしょう」

見つめ合い、言葉を言い出せない喉が、さらに渇くような沈黙が流れた。

「すごく、情熱的な視線ですね。こちらもドキドキしてきましたよ」
「してください。俺も同じですから」

ぐぐっと上半身を寄せる。
店長の分厚い胸板は、びくともしない。変わらぬ表情で見つめ返している。

「キスしてもいいですか、店長」

敗北した俺は焦燥に駆られたまま尋ねた。

すると、頬を手のひらに覆われた。
驚いた瞬間、唇を寄せ、重ねられる。

信じがたい幸福の中、俺はまた混乱に陥った。
どういうことだ。頼んだら店長はしてくれる系なのか?

口を離されて、瞳をじっと見つめられる。

「ロキ。君は、まだ我に返ってないんですか」
「え? どういう意味ですか」
「私のことです。この前、ああいう事をして、おそらく気が済んだのではないかと思ったのですが…」

黒い瞳をふせがちにそう告げられ、自分の中で焦りと、ちょっとした反発が芽生えた。

「何言ってるんですか、気が済むどころか、もっと酷くなりましたよ、ずっと店長のことばっか考えてーー」
「……本当ですか。……すみません。言っていいのか分かりませんが、その、最近君の声が全く聞こえなくなったので」

少し恥ずかしそうに眼鏡を直している。
どうやら俺のオナ声のことを言っているようだ。でも、そんなことを気にしていてくれたのか。

「……店長。さすがに俺もあんな恥ずかしいことがバレた後で、続けられませんよ。でもいつもちゃんとしてますから、あなたのこと考えて」

段々と羞恥に俯かせた頭を、わしゃわしゃと掻き乱した。

「個人的なことを聞いてすみません」
「どんどん聞いてください。どんな事でも店長に気にされるのは嬉しいです」
「そうですか……君は積極的なんですね」
「いや、俺はシャイですよ。ただあなたを前にすると、我慢できないんです」

はっきりと胸を張った俺に対し、店長がくすりと柔らかい笑みを見せた。

「ロキ。もう一度キスをしてもいいですか? この前は逃げられてしまいましたから」

びっくりしながらも俺が小さく頷くと、彼の唇がそっと触れた。
ドキドキと鼓動が音を鳴らす。もう俺は、店長から目が離せない。

「君は気づいてないかもしれませんが、キスをしている時、すごく仕草が可愛いです。……こうして、私に掴まってくるところが」

背に腕を回され、唇を塞がれる。
ああ、じんじんして蕩けそうになる。

俺は反対に、苦手だ。正確には、長いキスが。
気持ちが良すぎて自分を失いそうになるからだ。

「あまり、良くないですか? ロキ……」

しかもこの人は、口づけの合間に、色づいたハスキーな声で語りかけてくるのだ。

「分かってるでしょう、店長。俺やばいんですよ」
「……そうですね。ここですか」

店長の手が股間に触れる。
ズボンの上から優しく撫でられて、下腹部がのけぞった。

「な、なな、なんすか」
「触ってはいけませんか」
「いえめちゃくちゃ嬉しいっす」

顔を背けてなんとか伝えた。

「不思議な人ですね。迫ってきたかと思ったら、顔を真っ赤にして、恥ずかしがったりして」

店長が笑いながら、腰を上げた。そして信じられない言葉を発する。

「そこのソファに行きましょうか。君も寛ぎやすいでしょう」

茶色い革張りの広いソファだ。
まさかこんな展開が…起こるとは。

俺は遠慮がちに、ゆったりと座る彼の隣に腰を下ろす。
店長がシャツの袖を捲る。がっちりした腕に見とれていると、再び俺のに触れてきた。

「しますよ、ロキ」
「うぁっ、あ、あぁっ」

下着から硬く反りたったものを取り出し、優しく握り擦り始める。

「あ、店長っ」
「こんなに濡らして、どうしたのですか」

店長の手で直にシゴかれる日が来るなんて。
俺は明日死ぬのか? 幸せすぎて、状況を直視できない。

「ん、あぁ、駄目ですそんなに、しごいちゃ、で、出ますから」
「いいですよ、我慢しないで。……気持ちいいんですか?」

喘ぎしか出ないまま必死に頷く。
ガチガチのちんぽが男らしい大きな手に包まれ、悲鳴を上げて快感に耐えている。

何度も腰を悶えさせた俺はやがて、店長の丁寧な愛撫によって簡単に達してしまった。

「あ、く、ンあぁッ、出る……!!」

下半身をしならせ、前もって店長に露にされた腹筋の上に、盛大な吐精を行う。
その後も心臓が外にも聞こえてしまうぐらい、鳴り響いていた。

「ああ、思った通り凄いですね……君のを拭くのは二回目ですが、なんだか慣れてきました」
「す、すみません。またこんなに俺……あの、店長は……」
「ふふ。私は大丈夫ですよ。気にしないでください」

やんわりと断られるが、どこか意思の強さを感じた。
流れ的にまた店長の逸物を拝めるチャンスかと思ったのだが、やっぱりこの間の俺の振る舞いに、引かれたのだろうか。

いつもの押しが影を潜めていると、店長が再び甘い声音で俺に声をかける。

「他に、君のして欲しいことは? ロキ」

もうすでにお世話になったのに、聖人のような優しい眼差しだ。

ここで言っては駄目だ。
何度もそう思いつつ、俺は長らく持ち続けた愚かな願望を、もはや吐き出さずにはいられなかった。

「店長に抱かれたいです」

しかし俺の特攻も空しく、少し困り顔を見せた彼は、首を縦には振らなかった。
当然だ。わがままが過ぎるってもんだよな。最近調子に乗りすぎだ。

「それは、いけません。ロキ」
「……そうっすよね。店長に抜いてもらっただけでも凄いことなのに、俺なんか、抱けるわけないですよね。ゴツい男だし……」
「いいえ、そうではなくて。……その、今日は色々と準備が出来ていないので……」

え? なんの準備だ?
俺は驚きに目をしばたたかせた。

「俺なら準備万端ですよ、大丈夫ですよ店長」
「そう……ですか? しかし、恥ずかしながら……君の体を守る為の諸々が、まだ用意出来ていないのです。申し訳ありません」
「い、いやそんな。謝らないでください。あっ、あのローションとゴムなら俺の部屋にあります。うちに来ますか?」

頭を掻きながら聞いて、すぐに後悔した。
俺は、馬鹿か。
こんなこと自分からぺらぺら喋って、物凄い淫乱だと思われたのでは。

それはそれで美味しいかもしれないが、今は店長に嫌われたくない。

「いいえ。お誘いは嬉しいのですが、もし君を抱く機会があるならば、初めては私の部屋で迎えたいのです」

俺は店長の真摯な言葉にノックアウトされた。
この人は、俺をそんなふうに……まさか抱いてもいいと思ってくれていたのか?

どうしてだ。ひょっとして、俺の勘違いじゃなければ、脈があるのだろうか。

「あ、あの、店長。本気ですか?」
「ええ。君がしたいと思うのならば、ですよ」
「もちろんしたいっす! 当然ですよ、じゃあもう約束ですから、いいですね!」

前のめりになって迫ると、店長はいつもの微笑みで頷いてくれた。
これは夢じゃないよな。俺、本当に店長に抱かれる約束、しちゃったんだよな。

ああ……にわかには信じられないが、この夢のような出来事を、受け入れない理由がない。
幸せすぎて目の前が霞んできたぞーー。

俺はいつか訪れるだろうその日を、すでに激しく待ち望み始めていた。



prev / list / next

back to top



×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -