玉響の刻







儚く脆い

静かな刻の流れを

ゆらゆらと







玉響のように

漂う









4755



言霊の森


「溺愛」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -