とある字書きの書架

トップへ

-.


[cs]手負いの戦士
〈capricious drafts:本文〉
2016/08/21

 
 
ふと思い浮かんだプロローグ的な何か。

戦う少女と青年の話。

まだ続きがあるので、単独の作品として独立させるかも。
登場人物の性別は今後変更になる可能性があります。

***

the unnamed hero

1.手負いの戦士

「町を守れ!」
「やつらを来させるな!」

人々が口々に叫ぶ。
魔族が町へ攻めてくるという報せを受けて、戦える者たちが町の外に集まっていた。

押し寄せた魔族と人々の間で、炎の矢や光の弾丸が飛び交う。

青年と少女も戦いの中にいた。

青年――シファールはすらりとした体に風を纏って高速で宙を駆け、
魔族が放ってくる攻撃を掻い潜りながら敵陣の要所に雷の槍を降らせ、
また炸裂する火球をいくつも叩き込んでいた。

(なんて的確な攻め……)

少女は魔族の一団に向かって水の刃を飛ばしながら、青年の動きに思わず目を奪われた。

そのとき、上方から降り注ぐ毒々しい色をした光球の一つが
青年の体に当たり、その長身がぐらりと揺らいだ。

「シファールっ!」

少女が思わず叫ぶ。だが青年はすぐに体勢を立て直すと少女に向かって微笑んだ。

――大丈夫だよ。

そう言ったのが口の動きでわかった。

かつて青年が語った言葉が少女の耳の奥によみがえる。

――僕はもう、"血に染まる月"の呪いを受けているから。
これ以上あの魔弾を受けても、今以上の速さで呪いが僕の身体を侵食することはないんだ。

(でも……)

唇を噛み締める少女に、青年は戦いながら束の間微笑みかける。
強さに満ち溢れて見えるこの青年の命は、今こうしている間も
忌まわしい呪いによって少しずつ、だが確実に蝕まれているのだ。

――僕は都で伴侶を見つけて幸せになるはずだったのに、どうしてこんなことになったんだろうか。

少女が彼と出会って間もない頃、青年はそう言って
整った顔立ちに皮肉っぽい笑みを浮かべたのだった。



 



よければポチポチっと応援クリックお願いします

にほんブログ村 ファンタジー小説



prev← □back #next→
-

○カテゴリ
記事一覧
ルセリオ王国の栄光:小説本文
ルセリオ王国の栄光:小説あとがき
ルセリオ王国の栄光:interlude -幕間の寸劇-
ルセリオ王国の栄光:世界観&主な登場人物
ルセリオ王国の栄光:その他設定
擬人物語:本文
擬人物語:設定
制作雑記

○登場人物・用語
「ルセリオ王国の栄光」主要登場人物
「ルセリオ王国の栄光」用語集



○小説リンク集  →全部見る
小説の匣
創作ファンタジー
文芸Webサーチ
創作サーチ
にほんブログ村 ファンタジー小説
駄文同盟.com

.
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -