小鳥の囀りが脳を掠め。


ゆっくりと覚醒する。


瞼を上げれば真っ先に瞳に映るのは、微かに笑む薬売りさんの姿。


しあわせな目覚め。


「おや、起こしちまいやしたか」

「んーん、大丈夫」

「俺の視線にヒロインさんが目を覚ましちまったのかと、」

「ふ…、くすくす、そんな見てたの?」

「ええ、つい、目が離せませんで」


そう言って薬売りさんは更にゆったりと口角を上げた。


朝から聞く柔らかな声も、ひどく心地いい。


「おはよう、ヒロインさん」

「おはようございます、薬売りさん、今日もだいすきだよ」


薬売りさんは眠っていた私の隣で片膝を立て座っていたから。


私も起き上がり目線を合わせ、朝の挨拶をした。


好きと言えば薬売りさんは、満足げな表情を見せてくれた。


端整な顔立ちに、着物姿。


ああ…もう、今日もほんとに大好き。


…でも、あれ?


薬売りさん、もう身支度も完了してる。


夕べは半裸だったし、髪も当然頭巾なんてしてなかったのに…。


って、夕べのこと思い出すと、ドキドキしちゃって大変だから、思い返すのはもうやめるけど。


今日は急いで出発でもするのかな?


けどその割には、私のことは起こすつもりなかったみたいだよね。



「ねぇ、薬売りさん、いつから起きてるの?」

「…丑の刻、ですかね」

「え!じゃあほとんど寝てなくない?大丈夫?」

「ヒロインさんは心配性だ」


大丈夫かと問えば、薬売りさんはクスクスと笑った。


けど夜中から起きてたなんて。


「もしかして薬売りさん…死闘を繰り広げてきた?」

「いいえ、そのようなことは、」

「でも…何かを斬って来たんじゃないの?」

「すぐ、済みました…から」


やっぱり、モノノ怪を退治してきたんだ。


私に気付かれないようにいなくなって―――。


「薬売りさん…!怖かったり、痛かったり…、しなかった?」

「ふ、」


薬売りさんは、静かに首を横に振った。


それはきっと、本当に何ともなかったのと、私を安心させる為の、否定。


まず、薬売りさんに対してあんな質問自体、馬鹿げたことを聞いてしまったのかも知れないね。


…だけど私にはモノノ怪の世界なんて、今もまだ理解できないし。


これから先も理解しきれる日なんて、きっと来ない。


それでも、モノノ怪と対峙するこのひとが、どうしようもなく好きで。


いつか薬売りさんが、一人でいなくなる日が訪れてしまうのではないかと思うと、ただ怖い。


理解できなくても、置いていかれたくないの。



「…知らない間にいなくならないでください」

「あなたが目を覚ますまでには、戻ってきますから」


言いながら薬売りさんは私の髪を梳かすように撫でた。


ずるい。


そんな優しい顔するなんて。



「ヒロインさん、どうしたんで?」


感情が抑えきれずに、薬売りさんのからだに腕を回し、ぎゅうって抱き付いた。


「…今日はもう離れたくないの」

「やれやれ、困ったお方だ」


薬売りさんの押さえた笑い声が喉で転がる。


そんなふうに言ったって、私の気が済むまで薬売りさんがこのままでいてくれるの、私知ってる。


だってほら、それを物語るように。


私の背中に添えられた薬売りさんの片腕にも、力が込められた。


今はまだ、もうしばらく、このままで。




甘えたい朝

<< 9 >>



topcontents