「見て、薬売りさん、このお部屋からスイーツが頼めるのかな」

「ではヒロインさん、何か頼みましょうか」

「いいの?」

「もちろん」

「わーい、やった」


今宵過ごす宿屋。


部屋へと通され、まずヒロインの意識を奪ったのは一枚の紙切れ。


甘味の書かれた品書きのようで。


「あんみつ、ぜんざい、わらび餅、お団子…」

「悩んでいるのですか」

「うん、だってどれもおいしそうなんだもん」

「全て頼めばいいじゃありませんか」

「ふふ、それはさすがに食べきれない」


全て頼んでやることは、容易なのだが。


そういうわけにもいかんらしく、ヒロインは未だに品書きと向き合っている。


俺はそんなヒロインを眺めつつ。


穏やかな胸中を感じていた。


しかし、その時。


「っ、いた」

「ヒロインさん、どうされました」

「あ…、なんか紙で切っちゃったみたい」


言いながらヒロインは人差し指の先を俺に見せた。


覗き込めば、ヒロインの言葉通り、小さな傷跡。


「痛みますかな」

「こういうのって小さい癖に地味に痛いよね」

「痛み、ますか…」

「ん、でも全然大丈夫」


ヒロインに傷が付くことは、例え小さかろうと、厭なものである。


が、大したことのない傷。


にっこりとしたヒロインの笑み。


安堵したのも確かで。


「気を付けなければ駄目ですよ、あなたひとりのからだでは、ないのですから」

「え!ふふ、薬売りさん、私別に身籠ってないでしょ」

「ええ、ですが、あなたは俺のものでもありますから」

「あー…くすくす、そっか、そだよね、気を付ける」

「はい」

「じゃあさ、薬売りさん、なんか絆創膏的なもの…」


ヒロインの手を自分の手に乗せ、傷口を見つつしばし眺めていた。


どうしてこうも、より深く触れたくなる形を成しているのだろうか。


故に少しだけ、悪戯心が反応しちまって。



「―――こんなもの、」

「あはは、あんなに心配そうな顔してくれてたのに、今度はこんなもの扱いー?」

「舐めときゃ、治りますよ」

「え?…ぁっ、」


ヒロインは何か薬を所望しているようだったが、無視をし。


そのままヒロインの手を優しく握り、口許へ近付け。


傷の付いた指の先に舌を這わせた。


「薬売りさん…、やぁだ」

「どうして?」

「薬売りさん、薬売りなんだから、お薬で治してよ」

「これが、ヒロインさんには一番効くと、思うのですがね…」

「えー、でも…、ふふふ、薬売りさんがお仕事してくれない」


指の付け根の方へも、わざといやらしく舌で辿り。


慈しみを込め、唇でヒロインの指を食っちまうようになぞる。


ヒロインの澄んだ瞳から目を逸らすことなく。


さすればヒロインの面持ちも、徐々に艶めいたものになってきて。


「すぐに治りますよ」

「ん……、“効かぬは貴様の信心が足りぬからだ”?」

「はい、その通り、」


ヒロインの反応に。


思わず少しだけ、このままヒロインを乱しちまいたい気持ちが芽生えたりもした。


が、そこまで青くさいわけでもないと、自覚しているつもりであった。


とりあえず今は、最後にもう一度、傷跡に軽く口付けをして。


ヒロインの手を離し、薬箱へと向き直った。


今度こそ本当の手当てをするものを漁り始める。


「さすがは俺のヒロインさん、よく心得ている」


ヒロインに背を向ける形。


しかしヒロインの中でも、今の行為は中途半端な刺激になったであろうから。


ヒロインの出方が見ものでもある。



我慢するにせよ。


我慢できずに甘えてくるにせよ。


どちらにしろ、ヒロインが愛らしいことに変わりはないであろうから。


俺にとっちゃあ、どちらのヒロインの相手をすることも好都合。



今はただ、背に受ける、熱を孕んだ視線。



だが、おそらく、ヒロインは―――。



「薬売りさん…」

「はい…、どうしました、ヒロインさん」


おもむろに、ヒロインが近付いてくる気配。


そうして俺の後ろに座り直し。


「もっと、して…?」


若干弱々しく、俺を試すような台詞が、背後から掛けられ耳に籠る。


やはり。


ヒロインが望むは、俺に触れられることであった。


俺自身は、ヒロインの反応さえ弄ぶことができたら、それで良かったのだが。


そのヒロインの声に、一瞬にして、先程芽生えた気持ちが輪郭を増し。


このまま望み通りにしてやりたくもなっちまって。



やれやれ…この女と居ると俺は、まだまだ未熟のようだ。



だが、俺を欲するヒロインを楽しむ為に、今しばらくしらを切ることにする。


「…“もっと”、とは…?」

「んー…薬売りさんの治療」

「ふ、ヒロインさん、俺の生業は薬売りであって…医者ではないのだよ」


一瞬の間。


ヒロインの返事はないが。


潤んだ瞳で俺を見つめているであろうことが、振り向かずとも分かった。


「おふざけはやめにして、今きちんと薬を用意しますから、」

「でも…私に一番効くのは、」


薬売りさんなんだよ、と、ヒロインの声が。


先程よりも更に耳に近い所で、俺を誘って。


おまけにうなじに、あたたかい唇が触れ。


「…甘味は頼まなくても、よろしいんで?」

「ん…だって、それより薬売りさんのがいい」


振り向かざるを得ず。


目が合えばヒロインは、今度は寄り添うように、俺にからだを預けた。


「…俺は甘味のように甘くはないですぜ」

「くすくす、良薬口に苦し、でしょ?」

「忠言耳に逆らう…、ですな、」

「ふふ、私、薬売りさんに逆らってる?」

「薬を用意すると、言っているじゃありませんか」


この際、抑えが利かなくなっちまうのは、仕方のないことであろう。


ヒロインの顎に人差し指を添え、つと顔を少し上に向かせ。


薬、自ら言っているにも関わらず。


その言の葉は一旦破棄し、ヒロインの唇に唇を重ねた。


ヒロインは瞼を落とし、既に俺に身を委ねる体勢。


触れるだけの口付けを繰り返し、そのうちに優しくゆっくりと舌で唇を割っていった。


「んぅ…、ふっ……」


心地よく絡まる舌、だんだんと上がっていくヒロインの息。


思わず漏れる喘ぎに酔いしれる。



「はぁ…、やっぱりうそ、薬売りさん、あまい」

「困ったものです…、あなたには、どうしてもこうなっちまう」

「ふふ…うん、大好き、薬売りさん」


ヒロインの腕が、俺の首に回されて。


ヒロインが自ら床に背を付けたのか、それとも俺が押し倒したのか。


曖昧だが、そんなことはどうでもよく。


もう一度口付けをしながら、崩れるように重なった。


「薬売りさん…」

「はい、」


今度は顎や首筋にも口付けをしつつ。


衣服の擦れ合う音が浮かび上がる。


ヒロインの着物の襟を乱し、そこへも唇の跡を残そうとしている時だった。


吐息混じりのヒロインの声が俺を呼び。


見つめれば、愛に満ちた視線が返ってきて。


「ほんとにね、もう痛くないよ、治った」

「ヒロイン…」


あまりにも柔らかく、綺麗に微笑むもんだから。


目眩がしちまいそうな程のいとおしさに襲われた。



口付けや、この行為が、傷に効くわけないであろう。


なんて言っちまえば、元も子もない。


俺の生業など、そのようなもんだ。




ヒロインと居れば、俺の平常心は何度も壊される。


が、余裕な振りをして、少々口角を吊り上げ問えば。


「ふっ…では、もう、止めに…しますか」

「でも、やだ、やめないで…」


ヒロインは一層縋ってきて。



どうやら手当てはまだまだしてやれそうにない。



―――情事の後。


眠っちまったヒロインの髪を撫で。


先刻開け放しで、放置したままになっちまった薬箱の引き出しの中から、必要なものを用意した。



それから、小さな小さな傷跡に。


消毒をし、軟膏を塗り。


ヒロインの華奢な指先に合う包帯を丁寧に巻いてから。


宿の者に、全ての甘味をいつでも持って来られるよう準備しておくことを、申し付けておいた。



目を覚まし、それらに気付いたヒロインは、きっと。


また満面の笑みで、俺を満たしてくれるであろう。




確かに薬売りこそ生業

<< 11 >>



topcontents