( 1/1 )



「エースー!大好きだよー!」


「おれもヒロインのことすげぇ好き!」


「ふふふ、だぁいすき」


「でもまぁおれの方がおまえのこと好きだけどな」


「…はぁ?私だよ?私の方がいっぱいエースのこと好きだよ」


「バカ、ヒロイン、おれがどれだけおまえのこと想ってるか分かってねーだろ」


「そんなこと言ったらエースだって私がどれだけエースのこと好きか分かってない!」


「ああ?分かってるよ、分かってるけど、おれがヒロインを想う気持ちの方が強ぇよ」


「何それ、分かってるのにそういうこと言ってるの逆に感じ悪い」


「これだけは譲れねぇからな!おれの方がヒロインのことを好きだ!!」


「私だって言ってるのに!エースのわからず屋!!」


「おお、何とでも言えよ、おれの気持ちの強さには敵わねーって」


「もういい!!エースのバカ!嫌いになるからね!」


「え…!?ちょ…待てよ、ヒロイン!!それだけは勘弁してくれ!」





喧嘩の理由。




実にくだらなく、お話にもならない。



<< 1 >>



topcontents