あり得ません。(黄黒)


※黄→(←)黒
会話文です。



「…なに、ニヤけてるんですか。黄瀬くん。」
「いや、黒子っちとこうやって同じ世界で生きてるって幸せだなぁって思って。」
「……。」
「無言!?なんらかのリアクションして欲しいっス。」
「君は恥ずかしげもなく、よくそんなことが言えますね。」
「だって、ホントにそう思えるんスもん。黒子っちに会わせてくれた神様にはマジで感謝してるっス!!黒子っち、大好き!!」
「また君は…そういうことはファンの子にでも言って下さい。」
「そんな言えないっスよ。俺が好きなのは黒子っちだけだから。」
「君は本当に恥ずかしい人ですね。」
「あっ、黒子っち、ちょっと赤くなってる!かわいー。」
「そんなことありません。」


(そんなことありません。黄瀬くんの言葉が嬉しいとか、胸がドキドキするとか、顔が熱いとか、そんなことありません。そんなこと断じてあり得ませんっ!)



…━━★°+.…━*☆
会話文ですいません。
自分の黄瀬くんへの想いを自覚したくない黒子っちです。
頑張れ黄瀬くんあともう一押しだ。


(2012.12.25)

[*←] [top] [→#]



×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -