【朝の文次郎と食満+α】

朝の文次郎と食満+α

留『あっ、文次郎。おっす。』
文『おー。何だ、今日は伊作は一緒じゃねーのか?』
留『あー、あいつ何回起こしても起きねーんだよ。だから放ってきた。』
文『お前、ひでぇな。』
留『いや、あいつ夜遅くまで薬煎じてたんだよ。自業自得だ。くせーし。』
文『じゃぁ、仕方ねーな。』
留『ああ。』
小『2人で何話してんだ?早く学校に行こう!!』
留『いって!小平太、飛び付くな!』
文『留三郎、大丈夫か!?』

登校前の3人。イラストは文次郎目線です。多分、寮の前です。伊作と食満は相変わらず同室で現代でもたまに部屋で夜中に薬を煎じている。部屋に染み付いた臭いが食満の悩み。しかも昔、臭いで一騒ぎあったWW

2011/11/22 23:31

prev | top | next


×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -