いつからだっただろうか。

君の白い肌に残る傷を目にするようになったのは。


伝わらない言葉


―――いくな。


君に伝える術を持たない私は、必死に服を掴んだ。

「どうしたの?」

優しい君は私の方を振り向いて、至極不思議そうな顔をしている。その顔に、まだ治っていない痣があるのを私は知っていた。

「大丈夫、すぐに戻ってくるよ」

微笑む顔すら痛ましくて。
それでも私にはひたすら彼の服を引っ張ることしかできなくて。

そしてするりと君は私の手を離した。

―――やめて!行かないで!

私の言葉は空を切る。

すぐなんて嘘だってわかっている、だって君はまたあの男の所に行くのだろう?
それはつまり、また傷を負うということなのだろう?


嗚呼、結局私は傷つく君を待つ事しかできないというのか。

無力な自分がどうしようもなく許せなかった。



雨が降っている音がする。


その夜、君は帰ってこなかった。


----------

犬×主人





×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -