口の中が生臭い。
今日の昼食はなんだったのだろうかと、思えば
思い出せないわけではないが出てきたと思ったら忘れていく。
肩にはベース、ではなく今日はコントラバスの弓。
目蓮に教えてもらっていたのだ。
なんでアイツはこう器用なんだろうと(彼奴からはほかの楽器も習ってたりする)不思議に
思いながら帰り道。


(……きりんのバック)


ふとみかけた後姿。
そういえば前神代が言っていた鈴木が出ていたライブでみかけたことがある。
きりんが特徴的だったから覚えているわけで。

(話しかけてみようか?)

自分はそこまで世間に言われるコミュ障というものではないが
いきなりねえ君!とか話しかければ余程の物好きでないと話など到底できないだろう。

今度見かけたら勇気をもって話しかけてみようか。
彼はキリンのバックから視線をずらして帰り道へと進む。



そうだ、今日の昼食は目蓮の店で何故かサーモンとまぐろの盛り合わせ丼を食べたんだった。
どうりで生臭いわけだ。

=====================
高橋灯枯くん(おてもさん宅)

お借りしました。





戻る

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -