誰かの気持ちを凍らせても、君はもう手に入りはしない
name change

救いを求めるように見回した世界には、君の姿はもうなくて。
憐れむように愛でてしまった。それが、全ての引き金になるとも気付かずに。
英雄は国葬のときに何を思うのか、ぼんやりと考えながら僕は死の合図を待つ。
好きだと言ったときの表情、本気だと言ったときの表情、それらを想像しながら泣く。
こんなにも好き合っているのに、わたしとあなたは何をしているんだろう。
どんなことがあっても味方だなんて誓えないけど、どんなことがあっても愛しているわ。

最初に戻る
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -