時々、悪夢を見る。
それはいつも、決まって同じ夢。
やっと見つけた小さな灯火が、消えてしまう夢。

分かっている。
おれは、失うことが怖いんだ。





ネズミが、うなされている。
隣で苦しそうに呻き、額に汗を浮かべているネズミを見て、紫苑は起こしてあげるべきかどうか迷った。

ネズミの睡眠時間が短いことは知っている。
せっかく眠れているのに、起こしたら悪いかと思う。
だが、ネズミがあまりに辛そうなのを見かねて、結局起こすことにする。

「ネズミ、ネズミ」

こちらに背を向けて寝ているネズミの肩を、少しゆする。
紫苑はそっと触れたのに、ネズミはびくっと肩を震わせ、ぱっと瞳を見開く。

しばらく荒い息を繰り返した後、ネズミは何かを呟いた。

「どうしたの、ネズミ」

ネズミの肩に手を置き、灰色の瞳を覗き込む。

「…し…おん…」
「うん?」
「…おれに…近づくな」
「ネズミ?」
「あんたは、きっと…変わってしまうだろう」
「は?」
「だから、これ以上…」

ネズミは、要領を得ないことを口走る。
どんな悪夢を見たのだろうか。

ネズミの肩は細かく震えていた。
その震えを鎮めようと、紫苑は背中から優しくネズミを抱きしめる。

「大丈夫だよ、ネズミ」

ネズミのようにたくさんの声音を操ることはできないけれど、できるだけ温かい声で囁く。

「ぼくは変わらず、きみのそばにいる。きみから離れようとしない限り、ぼくはずっときみの隣にいる。きみの傍らにいたい。だから…」

だから、大丈夫。

ネズミがどんな夢を見たかも知らず、何に震えているのかも知らず、怯えているのか恐れているのか嫌悪しているのかも分からない。

何を言えば言いか分からないから、紫苑は自分の想いを囁いた。

ネズミは紫苑の言葉を信じないと言う。
でも、No.6にいた頃とは違う。
今ここで、口にする言葉は全て真摯な言葉。

怖がらないで、ぼくがここにいる。
いつも変わらず、ここにいる。

それが伝わったのか、ネズミの震えは徐々におさまっていった。
そして、ネズミの泣く気配を感じた。

ネズミは強がりだから、絶対に他人には頼らないのだろう。
人前で、泣くこともしない。

こちらに背を向け、嗚咽をこらえるネズミの頭を撫でながら、紫苑はその涙に気づかないふりをした。



39000hit、雪香さまより「精神不安定なネズミとそんなネズミを優しく包み込む紫苑」というキリリクでした。
ありがとうございました!
とりあえず原作沿い書いてみましたが…ネズミがツンデレすぎて私にはうまく書けなくて…ごめんなさい!!
しかもあまり…紫ネズの雰囲気がないですね…あああ心残りがorz
ってことで、もう一本パロで、このテーマで書かせて下さいごめんなさいm(__)m

タイトルは、さまよりお借りしました。
ありがとうございました!
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -