!)
・現代パロ
・ネズ紫、二人とも大学生くらい
・ネズミは御曹司、紫苑は一般家庭の子



「紫苑、おそい。2分28秒遅刻」
「ごめん、ほんっとにごめん!でも28秒ってなにそれ、細かいね。どの時点のカウントか気になるなぁ」
「おれの視界に白髪を捉えた瞬間だ。…って、話をそらせても無駄だぜ、遅れた理由を聞かせてもらおうか」
「うあああごめん!車両点検で電車が遅れたんだ、ほらこれ遅延証明書!」
「遅延証明書ね…ふぅん」
「な、なに、ネズミ」
「そんなもので許されると思う?おれは1時間も前から待ってたのに」
「えっ」
「ってことで罰ゲームね。ただいま、陛下の女装が決定いたしました」
「はあっ?ちょ、待ってネズミ、頭冷やして考えよう?おかしいでしょ!ねぇ!」
「はいはい、お手をどうぞ、陛下。エスコートして差し上げましょう」
「待って待ってネズミ、わああああ」





ネズミがぼくの手をひいて鼻歌まじりに連れていったところは、女物の高級ブティック。

「ネズミ、きみまさか本気で…?」
「冗談だと思ってた?」

ネズミはにっこり綺麗に微笑むと、その顔のまま店員さんを呼び止めて、こう言った。

「ちょっと、この子のコーディネートよろしく。服はもちろん、靴からウィッグまで全身揃えて、かわいい女の子に仕上げてくれる?」

その店員さん(そこそこ歳のいった上品な女性だ)は、ネズミを見て表情を改め、神妙に腰を折って了承する。

「かしこまりました。いつもご贔屓賜り、まことにありがとうございます」

さすが、超一流会社の社長息子ともなれば、どこの高級店にも顔がきくんだな、と感心…してる場合なんかじゃなくて!
ちょっと待って、それ、了承しちゃうの?
ぼくが男って分かるでしょ?見たら分かるでしょ?

彼女がカウンターへ向かってさっと手招きすると、若い女性店員が3人出てきて、ぼくにお辞儀をする。

「どうぞ、こちらへ」

待って待って待って、誤解だ、おかしいでしょ、ほんとに勘弁して、お願いだから!

混乱のあまり言葉も出ず、口をぱくぱくさせながらネズミを見る。
藁にもすがる思いで見つめたのに、ネズミはそれはそれは嬉しそうに笑い、ひらひらと手を振ってくれた。

「いってらっしゃい、紫苑。楽しみにしてる」

そうだった、ネズミに助けを求めても無駄だ、元凶はこいつだった…!

虚しい思いで、ぼくは更衣室へ引き摺られていった。


そしてそして。
あっという間にぼくは女の子に変身させられ、呆然と鏡の前に立ち尽くしていた。

肩にかかる長さ髪の毛(上質で、まるで本物みたいだ)、控えめなフリルのついた白いブラウス、そのブラウスをハイウエストの淡い水色のスカートにインして、低いヒールのベージュのパンプスを履いている。

自分で言うのもなんだけど、鏡に映っているのはどこからどう見ても可愛らしい女の子で、ぼくじゃないみたいだ。

ネズミが呼ばれて、若い女性店員に何か聞かれている。

「お化粧はどうなさいますか?」

ネズミはちょっと待ってと返事をして、ぼくの隣に来る。
ぼくは咄嗟に俯いた。

「ちょっと、紫苑」
「…なんだよ」
「こっち向いてよ」
「やだ」
「見えないだろ」
「いいじゃん」
「じゃあ、化粧頼んでもいいのか?」
「はっ…え?」

油断した隙に、ネズミに顎を掴まれ上を向かされる。

「うん、紫苑可愛い。やっぱりこのままがいいや」
「うっ…」

不覚にも赤面してしまう。
ネズミは、再び俯いたぼくの頭をなでなでしながら、店員さんにクレジットカードを差し出していた。

「メイクはなしで。それじゃ、ここから引いといて」
「ありがとうございます」

会計をすませると、上機嫌なネズミはうやうやしくぼくの手を取って、店を出る。

「それではお嬢さま、どこにお出かけいたしましょうか?」
「…ネズミ、なんだか計画的すぎやしないか」
「うん?なんのこと?」
「とぼけるなよ、絶対画策してただろ」
「そう拗ねんなって。似合ってるぜ。すっごく可愛い」

そんな事を言ってこっちを覗き込んでくるものだから、あわてて顔を背ける。
ローヒールとはいえ、パンプスを履いているのに、まだネズミの視線の方が高いのが悔しい。

「計画してたっていいじゃん」
「…結局肯定しちゃうんだ」
「最初から否定もしてないぜ。紫苑、考えてみろよ、メリットの方が多いだろ?」
「へぇ。例えば?」
「知らないのか?ゲーセンのプリクラスペースには男だけで入れない」
「プリクラ撮らなきゃいいだろ」
「この可愛い紫苑をプリクラに納めなくてどうする。記念に撮るべきだろう。この機会を逃す奴があるか」
「それ、本末転倒だから!やっぱりぼく着替えてくる」
「待て待て紫苑、まだ他にもメリットはある」
「ふぅん?」
「今日は、カップルで行くとデザートが無料で付くお店に連れて行こうと思っていて」
「デザート代くらい自分で払う。ってことで、じゃあ」
「いやいや待て早まるな、まだメリットはある」
「まだあるんだ?」
「もちろん」

得意げにネズミは微笑み、ぼくの手を取る。

「ん?なに、ネズミ」
「ほら」
「なにが、ほら、なんだよ」
「分かんないの?紫苑、にぶいなあ」
「はあ?」

街中でも堂々と恋人繋ぎで歩けるし?

は、ちょ、ネズ…、離せ!

照れなくていいのに…ふふふ



35353hit、「ネズ紫のギャグ小説、一概にギャグというよりほのぼのギャグみたいなもの」というリクエストでした!
えぇと、すみません!!
原作沿いにしようと頑張って考えてたんですが、結局パロにしてしまいましたごめんなさいorz(土下座)
でもこの現代パロの設定けっこう気に入ってるのでシリーズ化するかもです(言うだけならタダですもんね!)
いや、あの、デートの続きとか、二人の出会いとか、書きたい気持ちはたくさんあるのは本当ですよっ!

ではでは、駄文で申し訳ありませんが、これからも迷路をよろしくお願いいたしますm(__)m

タイトルは、さまよりお借りしました。
ありがとうございました!
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -