君の帰りが遅いとき、イライラする。
しかも最近、君は女の匂いを纏って帰ってくるようになった。
超繊維布に染み付いた、きつい香水の匂いが部屋中に充満する。
地下室には窓がないから、その匂いはなかなか薄まらず、部屋の空気にとどまる。

ぼくのいない所で、君は何をしているの?
他の人なんか見ないで。
ねぇ、ぼくだけを見ていてよ。





芝居がお開きになると、イヴは素早く衣装を脱ぎ化粧を落としてネズミに戻る。
ファンに「イヴ」だということがバレないよう超繊維布を頭から深く被り、客たちに紛れて劇場を出る。

「ねぇ、イヴ」

耳元で、甘ったるい不快な女の声がした。
ちっ、と小さく舌打ちをする。

また、見つかっちまった。

女は口紅を艶やかに塗った赤い唇を笑みの形に歪め、腕を絡めてネズミを雑踏から引きずり出す。
そのまま人気のない路地裏に引っ張り込む。

「ほら、こっちへ来て、イヴ。いや、ネズミさん?」
「…調子に乗ってもらっちゃ困るな」

絡みつく女の腕を振り払い凄んで見せても、女は艶然と微笑むだけ。

「おやおや、そんな口をきいていいのかい。白髪のぼうやがどうなっても知らないよ?」

ネズミは動きを止める。
女はにんまりと笑い、ネズミの頬を両手で挟んで顔を近づける。
互いの息と息が混じる距離で、女は囁く。

「私は見てしまったんだよ、ぼうやがお家に帰るところを。だから、おまえたちの隠れ家を私は知っている。ぼうやが、お家に一人でいる時間も知っているよ…イヴが舞台に立っている時だ。もし、哀れな女が怪我したと助けを請えば、きっとぼうやは扉を開ける…あの地下室のね。そう、そして…そこへ私が片付け屋を呼んだら…どうなるだろうね?」

くっ、と息を詰める。
これでは、いつものパターンだ。
女の言葉は少しずつ真実を織り交ぜた抽象的なもので、女が全てを知った上で脅しているのか、はったりをかましているのか、判断がつかない。
半端に問い返すのも、危険だ。
ネズミの反撃する隙はない。
しかも、この場を逃げおおせるだけではすまないのだ。

体を硬くして睨み付けるネズミに、女は豊かな胸を押し付けながら抱き締める。

「なにも、怖がることはないんだよ?イヴ、あんたが私と寝てくれたら、ぼうやはそっとしておいてあげる。大事な大事なぼうやなんだろう?」

女は唇をつり上げて笑った。


女の声が頭の中で反響する。

『大事な大事なぼうやなんだろう?』

こうも絡まれたらたまらない。
今日でお遊びは終わりだ。
紫苑に手を出されてからでは、
もう遅い。
今のうちに片付けておかなければ…。

女にばれないよう、ネズミはそっとナイフのサックを外す。

そうとは知らず、女は赤く長い爪で優しくネズミの頬を撫でた。

「ほら、私だけを見ていて…全てを私に預けてごらん…怖がらないで…さあ」

きつい香りが、鼻孔を直撃する。
胸のむかつくような香水の匂いに、ネズミは目眩さえ覚える。
絡みつく臭気に、ナイフの切っ先が鈍っていくような気がした。
目眩がひどくなる。
視界がぼやける。
光が歪んで、まわりの景色が蜃気楼のように見える。

「そういうことだったんだ」

熱に浮かされたような空気に、涼やかな声が響いた。
さっと冷気が滑り込む。
ネズミは、やっと目の焦点をあわせることができた。
女の背後に、信じられないものを見る。

「…紫苑?」

紫苑は、白髪と紅い蛇を隠すことなく立っていた。
女が驚いて目を見開く。

「おまえは…なぜここに…」
「ネズミから、離れてください」

礼儀正しく、紫苑は女に頼む。
しかしそれは、紛れもない命令の響きを持っていた。
一瞬怯んだ女は、次の瞬間笑い出していた。

「あははは、なんて馬鹿な子。イヴがどうして私に従っていたと思っているの?おまえを守るためだというのに。なんて愚かな…自分からのこのこ巣から出てくるなんて」

紫苑は、微笑んだ。

「愚かなのは、そちらです。…ネズミ、この人は何も知らない。つい先週、西ブロックに来たばかりの娼婦で、イヌカシから情報の断片を買っただけらしい。今日、イヌカシから聞いてきた」
「…へぇ。なるほど、形勢逆転だね、お姉さん?」

ネズミが凄絶に笑う。
鮮やかに女の腕を払い、動けないよう壁に押し付ける。その首にはナイフの切っ先があてがわれていた。
ひくっ、と女が息を呑む。
ネズミはその耳元で囁く。

「イヌカシが、娼婦の払える金額で、おれの家の正確な場所を教えるわけがない。さて、おれをたぶらかした罰を、どんなふうに与えてあげようか?」

女は喋らない。
唇を真一文字に引き結び、だんまりを決め込む。

「ネズミ、放してあげて」
「は?紫苑?」
「ここに来たばっかりの人だもの、勘弁してあげたら」
「あんたはなんでそう、いつもいつもお人好しなんだ」
「ネズミ、でも」
「…ちっ。分かったよ」

ネズミはナイフをしまい、女を突き放す。
最後に、低い声音で念を押すように凄む。

「いいか、おれと紫苑の前に二度と現れるな」

腰を抜かした女は、黙って頷いた。

紫苑がネズミの手を取る。
「早く帰ろう、ネズミ」


紫苑は黙ったまま、ネズミの手をひいてずんずん歩く。
煩雑な通りを抜けて、静かな道になっても一言も喋らない。
根負けして、ネズミから口を開いた。

「紫苑、どうした」
「ん?」
「なんで喋らない?もしかして、怒ってるのか」
「え?そんな、違うよ」
「あ、礼をまだ言ってなかったな。紫苑、魔女から助けてくれてありがとう。これで、貸し借りゼロだ」
「うん…」
「紫苑?本当に、どうしたんだ?何かあったか?」
「…ネズミ」

急に紫苑は立ち止まり、くるりと振り返る。
ネズミはぶつかりそうになり、すんでのところでストップする。

「なんだよ紫苑、危ないだろ」
「…同じなんだ」
「は?」

紫苑は俯き、ネズミの肩に額を押し付ける。
絞り出すように、言う。

「同じなんだよ、ネズミ」

気配で、紫苑が泣いているのが分かった。
ふ、とネズミはため息をつき、ぽんぽんとあやすように紫苑の背中を撫でる。

「…紫苑、どうした?たのむからおれにも分かるように言ってくれ。主語述語も忘れずに」
「うん…。ぼくも、あの女の人と同類だってこと…。きみを、ぼくだけのものにしたい、ぼくだけを見ていてほしい…って、醜い独占欲の塊だ。本当にひどいよね、ごめん…」

ネズミは優しく紫苑の背中を撫で続ける。
心地よい声音で、紫苑の心を鎮めるために、紫苑の言葉を促す。

「それで?全部言ってみろよ、かまわないから。全部、吐き出して」
「君の帰りが…、君が香水の匂いをつけて帰ってくるようになって…、でも君は、何も言わなくて。君が、詮索されるのを疎んでいることは知っていた。知っていたけど、やっぱり調べずにはいられなかった」
「今回は、それが功を奏したんだ。そんなに泣くことないじゃないか。おれは怒っていない…むしろ感謝している」
「今回…初めて、自分の内に巣食う醜い感情に気がついたんだ。きみを誰にも取られたくないって。きみは誰のものでもないのに…ましてや、ぼくがそんなこと、思えるはずがないのに。ごめん」

そう言って紫苑は泣いた。
しかしネズミは笑う。愉快そうに、笑う。

くっくっくっ。

はっと気づいて紫苑は顔をあげ、少しふてくされる。

「ネズミ…笑い事じゃないのに」
「ははっ、わりぃ。ただ、おかしくて」
「なにが」
「…紫苑」

ネズミは紫苑の肩に手を置き、紫苑の瞳を下からのぞきこむ。

「その、独占欲っていうやつ、おれへの愛情表現と受け取ってもいい?」
「え?」
「ふふっ、異論は認めない」

ネズミは素早く紫苑にキスし、抱き締める。

「ちょっ、ネズミ、離して」
「やだ。もう少しこのまま」
「なんで」
「紫苑がかわいいから」
「なに言ってるんだよ、ちょっと」

…その様子を、イヌカシが心配して付けていた一匹の犬だけが見ていた。



35000hit、「独占欲の強い紫苑とネズミ」というリクエストでした!
美味しいリクありがとうございました〜。
思ったより女がしぶとくてネズミが弱くて、予定より長くなってしまいました(笑)
なんかネズミがあんまりかっこよくないけど、最後の方はなんとなくネズ紫っぽくなりました。
でもまぁ別に、この二人のことだから実は紫ネズでしたって言われても驚かない(え
つまり、どっちでもいけますよって話です(^^;

イヌカシは西ブロック一番の情報通ですよね、そう信じてます!
となると、イヌカシの記憶力は鍛えると紫苑以上なんじゃないか、って思いますがどうなんでしょう。
×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -