「何時まで寝ていやがる嘘誠院音無ィ!!」

頭上の岩を発見して意識を失い、そのまま寝ていたらそんな声が聞こえた。
「うー……後5分……」
「お前は学校に行くのを渋る餓鬼かッ!!いいから起きろ!」
「じゃあ……後5時間……」
「何がじゃあなんだ!?長えよ!!」
ぎゃあぎゃあと五月蠅いなあ……。僕は安眠したいのに…………。
仕方がない。このまま騒がせておくのも五月蠅いし、起きるとしよう。

起きた。
目の前に小坂君が居た。
「……おはようございます……小坂君」
朝の挨拶って大切。
「もう昼だバカ」
バカとはなんだバカとは。人を叩き起こしておいて……。こうなったら…………
「ふて寝してやr「させねーよ?寝るならあいつらどうにかしてから夜に寝ろよな」
僕の言葉を遮りながら小坂君は何かを指差す。そこには台所を漁る気流子さんと葉折君がいた。
……小坂君……お気の毒に……。きっと食糧は食いつぶされてしまうのだろう。
「あれ?猫さんと仙人さんは居ないんですか?」
姿が見えない。他の部屋に居るのだろうか?
「いや、俺も何処にいるのかは知らない。気が付いたら居なくなってたんだ。チャイナ娘は無傷だからいいけど猫神は治療途中なんだけどな……」
お前はどっかに行くなよと、小坂君は僕に釘を刺した。
言われなくとも何処にも行く気は無かったから特に問題はない。

頭を触ってみるとなるほど。包帯が巻いてあった。
あの岩が頭に当たったのだろうか。
「あの……ありがとうございます」
「は?」
「いや、治療してもらいましたから」
「……っ別に、怪我人が居たから治しただけだし」
お礼を言っただけなのに小坂君はそっぽを向いてしまった。きっとこれは俗に言うツンデレだ。猫さんにやってもら(ry

こほん。ついつい本音が。

「あ!!音無起きたんだね!」
僕と同じ様に包帯を巻いた葉折君が僕に気付いた。
其処まではいいのだけれど……。
「何故抱き付く体制で直進してくるんですか!?」
ダッシュで近寄ってきた葉折君を避けながら突っ込む。
あ、僕が避けたら小坂君が…………
「な!?ちょ……!!なんだお前!?」
「僕が聞きたいよ!なんで僕が君に抱きつかなきゃいけないんだ!!」
「ハァ!?音無!この変態なんとかしろよ!」「あなたの治療でその変態を治してほしいくらいですよ!!」
「あぁ?俺の手に終えられるような変態度じゃねーよコイツは!」
「二人共、葉折がハートブレイクしてるですだ」
騒ぎ立てる僕らを何処からか現れた仙人さんが止めた。
いつ帰ってきたのだろう。
「あれ、仙人さん服を替えたんですね」
葉折君はスルーで仙人さんと会話。
今朝まで赤いチャイナドレスを着ていた筈なのだけれど、今はピンクのチャイナドレスだ。
「む?あ、ああ。今朝のオムライスと岩で汚れたですだからな。着替えたですだよ」
汚れたから着替えるなんて……仙人さんは綺麗好きだなぁ。感心感心。
もしかしたら頼めば家の掃除をしてくれるかもしれない。

「ところでワトソン君〜。ワトソン君の召喚獣って、どんなのなの?召喚師なんだよね?」

気流子さんが唐突にそんな事を言い出した。
そういえば僕は、狂偽兄さんを召喚獣にしてから一度も召喚していない。
……怖かったから。
拒絶されるのも、恨まれるのも。
「ちょ……。気流子ちゃん、それは地雷だよ」
僕が教えたかどうかは忘れたけど、事情を知っている葉折君が気流子さんを止めようとする。
「いや、いいんですよ。葉折君。今から召喚……してみようと思います」

そろそろ狂偽兄さんと向き合うことにしよう。
逃げることを、止めて。



タップで読むBLノベル
- ナノ -