なんっつーか……アレですね。
僕何気にハーレムですね。

「全然嬉しくないのはどうしてでしょうねーあはははは」
「猫さーん、ワトソン君が壊れたー」
「駄目だよ。見たら最後、目が落ちるんだ」

とんでもないホラを吹く猫さんだった。
僕は化け物になった覚えはないぞ。

「ふおお!それは頑張って視界から外さなきゃーっ!?ちょっとワトソン君……!気流リンはまだ盲目にはなりたくないんだよ!視界に入らないでっ」

「…………」

あれ、何でだろう……
仄かに虐めの香りがする……。やっべ、目から汗が……。

「……ハーレムが何だって?」

わお、やっぱり故意な発言でしたか。
冷たい笑顔も素敵です。
そして耳打ちは卑怯です。鼻からケチャップが出たじゃないですか(精一杯のジョーク)。
うう、寂しいなあ
天才は孤独ですか?天才になった覚えはないけど。

「暁ちゃんってどこから来たの?」
「仙人ですだよ!お主の知らない所からですだ」

葉折くんがチャイナ娘に話しかけた。
勇気あるなぁ。爪の垢でも煎じて飲みたいですよ(嘘)。

「……仙人ちゃんは、どうしてここに来たのかな?」

猫さんが仙人さんを凝視している。相当引っかかってる様子だ。
キャパシティを超えるって、どんだけだよ。どうやったらそうなるんだ。
やはりある意味仙人なのかも知れないな。
よくあるパターンとしては、見た目は子供!頭脳は大人☆なんてコ●ンみたいな事があるけど……。

仙人さんも見た目以上に年をとってたりするのだろうか。


「儂は……美味そうな料理の匂いに釣られたですだよ」
「うわあ猫さんの料理だねきっと!」
「照れるなあ」
「美味しいですもんネー。ねえ葉折くん」
「え?……あ、ああ、うん。そうだね音無……」

心にもないことを言う僕と葉折くん。

……っやめてくれ!!
猫さんに自信を持たせないでくれ!!
気流子さんも気流子さんだ。何を考えているんだ。

もしここで猫さんが再び料理をすることになれば、被害は大きくなる一方だと言うのに。


「はいっ☆朝ご飯できたよー♪早く食べようっ!」

なる程、もう材料は残っていませんよ?という戦法か。
あとは上手いこと事が運べば良し。

「むおー!儂の分もあるですだ!ありがとうです!だよ!」



×
SSが簡単に作れる
BL専門チャットノベル
- ナノ -