李家の鳳紅の剣
張家の凰蒼の剣
この一件の以後、張韻は凰蒼の剣を持つ事となる。張家の一員の証として。
以後「義兄上」



この直前に色々あった。
中でも李家の親子は、反逆の罪を着せられ、悲惨な最期を遂げる。
その為、皖にとっても瑩は仇で、議論する事無く斬るつもりで乗り込んだのは良いものの、小さな迷いが生まれてしまう……。
皖も人間だ。しかも優し過ぎる。
それを解ってる韻が割って入り、事を強制的に終結させた。
韻は郭翼から話を聞いている為、皖の思いは理解している。瑩を斬れないだろう事も。

| 次
−5/5−
目次

















「溺愛」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -