紅い暉
 春の柔らかな陽射しが花々の咲き乱れる中庭を暖かく照らし、一歩足を進める毎に色とりどりの甘い薫りが鼻を擽る。
 花畑の中を、その場に似つかわしくない軍服の女が凛として横切る。張韻だ。
 庭の一角の休憩所へ一直線へと向かう。

「公徳、子比が探しているぞ」

 張韻はむっとした顔で廂を潜った。
 そこには張皖と志暉の姿がある。

「そうか。すぐ行く」

 張皖は短く答え、席を立った。
 どうしても邪魔をした感が否めず、張韻は気まずい顔をしていたようだ。
 くるりと踵を返し、張皖の後を追おうとした張韻を、志暉が呼び止める。

「紅藍さん。時間、ある?」

 張韻は一瞬戸惑った様子を見せたが、志暉へと向き直った。

「奥方様、私に何かご用ですか」

 張韻が言うと、志暉は困ったように笑み、手招きして張韻を呼び寄せる。

「志暉と呼び捨てにして頂戴な。私も貴女の事を紅藍と呼びたいから」

 はぁ、と困惑気味の張韻を横目に、志暉はニコニコ微笑みを絶やさない。
 志暉の隣に座らされた張韻は居心地が悪いらしく、視線が泳ぐ。

「私の周りには、貴女みたいな人が少なくてね。気軽に会話が出来る人が欲しいの……」

 「公徳に頼めば良い」との言葉を張韻は飲み込んだ。

「貴女の話は、公徳さまからいつも聞かされているわ。この前の戦でも、大活躍だったそうね」

「あの……志暉殿。私は……」

 女は話が長くなる。
 張韻はそう言った物が苦手だった。
 なるべく早く切り上げたく、口を開いたのは良いが、何故だか次の言葉が出ない。

「一度で良いから、貴女と入れ代わってみたいな……。貴女は公徳さまの妻として、私は戦場を駆ける勇士として……」

 張韻は口をあんぐり開けたまま固まった。

「あら、嫌? 貴女、公徳さまの事好きでしょう?」

 張韻は反論せず、口をぱくぱくさせた後、首を横に振った。
 志暉がくすくすと笑う最中、新たな足音が響く。
 張皖が時を見計らったかのように姿を現した。

「子比の奴、また私の名前で酒を飲み歩いていたようだ。……如何かしたのか?」

 くすくす笑う志暉と、耳を朱く染めた張韻を前に、張皖は首を捻った。

「何でもありません。私と紅藍で、ちょっとお喋りをしていただけ。ちょっとだけ、ね」



あとがき

前 |
−1/15−
目次

















タップで読むBLノベル
- ナノ -