英雄亡き後、その志は薄れ行く。
 いくらその後を継いだ者が秀頴と言えど、一度傾きかけた船を再び安定させる事は容易ではない。

 昨日、南方の戦線が崩されたと聞いた。
 血は流れなかったと言う。
 つまり内通者が門を開いたと言う事だ。
 上に立つ者の代が変わってから、そんな話をよく耳にするようになった。


 張韻は不図、手にした筆を走らせるのを止め、顔を上げた。

「太守様、お客様がお見えです」

 扉の外から声がする。
 「今行きます」と返事をし、張韻は徐に立ち上がった。
 すると鏡に映った自分の姿が目に入った。鏡の中の女は、柳眉を寄せている。
 それを見て「歳をとった」と、張韻は心の中で苦笑した。
 さもあらん。
 “義兄上”と供に戦場を駆けていた頃から数えて、もう二十余年。
 張韻が真に戦うべき相手は、城壁の外ではなく、時間であろう事は解っている。
 この身が滅んだその時は、以降誰がこの国を守るのだろうか――
 ふっと張韻は嫌な思考を振り払い、客人の待つであろう謁見室へと足を進めた。


「久しいな、元才。先主が身罷られた時より以前に会っただけだったな」

 張韻は蒼い衣を翻しながら椅子へと向かった。
 客は見知った顔で、酒家の店主だ。
 “義兄上”が存命中からの付き合いで、よくその情報に助けられている。

「その件について、ちょっとお話が……出来れば内密に」

 元才は声を低め、辺りを睨め付けた。
 いつもならば、人目に付かぬよう、仕事が終わった後に尋ねて来る男で、このような場所に顔を出すとは、よほどの事態なのが伺える。

「解った。執務室へ来ると良い」

 言いながら張韻は立ち上がった。


 二階の一角、執務室の奥にある隠し部屋に元才を案内し、辺りを確認した後、張韻は扉を閉めた。

「先主の最期……何かあったのか?」

 遠い任地でその訃報を聞き、張韻は不審に思っていた。
 歳は張韻より十余りも下だし、持病も持っていなかった。
 体調を崩しているとの噂は、遥か東にまで届いていたが、その最期はあまりにも唐突すぎる。

「先主が身罷る数日前、私の店に顔を出して頂きました。あの様子からは、全く病があるとは思えませんでした。ただ……」

 元才は一息置いた後、一気に事を喋り始めた。
 自らの最期が近いと知っていた事、名医が身近にいる事、宮中に不穏な空気があった事……。

「思うに、陛下は誰かに一服盛られたのではないかと……」

「そのような事をして、どのような利があると。よもや敵の草ではない限り……」

「敵は内にあり。ですよ」

 元才はふっと溜息を吐いた。
 今は内輪揉めをしている場合ではないのに、戦線から遠く離れた中央にいる人間にはそれが解っていない。
 悪徳な役人が幅を利かせ、さながら前王朝末期をそのまま再現しているかのようではないか。
 先主が存命中は、まだ上手く抑え込まれていた。だが、今上皇帝に代わってから、状況は急激に暗転していった。
 理由は明白である。
 今上皇帝がまだ十代と幼く、支える者が好き勝手に動かせる為であろう。

「先主が亡くなれば、動きやすくなる人間が沢山いた。帝を傀儡とし、実質上自らが先頭に立った男……」

 張韻の脳裏には、鮮明に一人の男の顔が浮かび上がっていた。

「黒に限りなく近いが、それを証明する手段が無い……そう言う所だろう、元才」

 「その通りです」と元才は頷いた。
 中央で奴の信頼は絶大となっている。
 証拠があったとしても、すぐに揉み消されてしまう気もした。
 元才は何を言いたいのか、張韻には解りかねる。

「張韻殿には大将軍として、中央にお戻り頂きたいと思います」

 一時の沈黙。張韻はその間、頭が真っ白になっていた。
 大将軍? 私に奴を討てと、この男は言っているのか。
 確かに、元才は今上陛下に一番近い人間ではある。
 だが、もし勅命を密かに下す事が出来たとしても、張韻一人で何が出来るか。
 それこそ、奴の権威を高める手助けをするだけだろう。
 張韻は顔を顰めた。

「貴殿は、私に何を望むのか。私にはさっぱり解せぬ」

 張韻に睨み付けられても、逆に元才はにっこりと微笑んだ。

「大将軍と言う役職は、ただの飾りです。貴女に望む事は、他にあります」

 言いながら、元才は懐に手を伸ばした。


前 |
−1/3−
目次

















アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -