犬の十戒(いぬのじっかい、The Ten Commandments of Dog Ownership)は、作者不詳のまま広く世界に伝わっている英文の詩で、日本では「犬の十戒」として知られています。

実際には原典があり、ノルウェーのMrit Teigenというブリーダーが犬の買い手に渡している「犬からご主人への11のお願い」が元です。

ペットとして飼われることとなった犬と人間との望ましい関係を、犬が人間に語りかけるという形式で訴える内容です。



“1.私の一生は10〜15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。
私のことを飼う前にどうかそのことを覚えておいてください。”

“2.あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って下さい。”

“3.私を信頼して下さい。それだけで私は幸せです。”

“4.私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。
でも、私にはあなたしかいないのです。”

“5.時には私に話しかけて下さい。
たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、私に話しかけているあなたの声で理解しています。”

“6.あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを全て覚えていることを知って下さい。”

“7.私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて下さい。
私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。”

“8.私が言うことを聞かないといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。
もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされてくたびれているかもしれない。
それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。”

“9.私が年をとってもどうか世話をして下さい。
あなたも同じように年をとるのです。”

“10.最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。
「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言わないでほしいのです。
あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして........どうか忘れないで下さい。
私があなたを愛していることを。”



























×
テーマ「童貞○○責め」
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -