「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -




 夕霧様からのリクエストでした。

 「切甘」って、どう定義したらいいんでしょうかね。切なさと甘さの比率がむずかしい。とりあえず切なめな雰囲気出して、最後に結ばれるって形にしたのですが、果たしてこんなのでいいんでしょうか……。


 具体的な設定がなかったので、勝手に考えさせていただきました。

 学生設定は王道でつまらないかなぁと思ったので、成人パロっぽく。ホグワーツ卒業後、闇祓いに就職したセドリックと、その先輩の夢主ってことにしました(年齢差は、そんなにない感じで書きました。せいぜい二〜三歳くらい?)

 無論、セドリック生存ルートを通過しております。だから「いつ死ぬか分からない」というセリフも、やんわり受け止められたんだろうね、ってことにしておく。


 セドリックは、かっこいいセリフはあまり言わないイメージです。なんか、シンプルな言葉を繰り返す感じ。原作にも「無口」「寡黙」って書いてあったし(と言い訳)

 男が「好き」をひたすら繰り返すのって、ちょっと女々しいかなって思ったんですけど、まぁイケメンなので許されるかと。セドリックのキャラ的には有りだと信じて。


 無意識に好き好きオーラ全開のセドリックに、アプローチされ続けて、防ぎ切れなくなって、ほだされて、なんだかんだと好きになっちゃった、って感じです。伝わってますかね?

 自分で読み返してても、ちょっと分かりづらいかなって印象なのですが……;

 文才がほしい。どこかに落っこちてませんかね。


 ぐだぐだなので、この辺で終わっときます。


 夕霧様。意見、感想、書き直し希望など、何かありましたら、メール・拍手から連絡くださいませ。


 では、あとがきまで読んでくださり、ありがとうございました。
 


Others Main Top