×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -


「あ、サスケだ。こんにちはー」

「え? あ、ほんとだ。やあ、サスケ」

「……よお」

 Dランク任務の帰り道、コロッケを食ってるイツルとチョウジと出くわした。好き好んで話したいやつらじゃないが、あいさつを無視するほどキライなわけでもない。無難にあいさつを返してやれば、どういうわけかイツルがコロッケを見せてきた。

「さっき買ったんだけど、いる? こっちまだ口つけてないよ」

「いらねえ」

「そっか」

 なら遠慮なく。と言わんばかりに、イツルがコロッケにかぶりついた。こいつのすごいところはこういうところだ。ほんとに女子か。思わず見つめてたら、目が合った。

「やっぱりいる?」

「……自分で買う」

 食欲を刺激されたのはたしかだった。悔しいことに。あまり表情に出さないように、歩いてすぐのコロッケ屋に向かう。コロッケを買って戻ると、イツルが自分の横をポンとたたいた。……座れってか。せめてとチョウジの横を見たら、コロッケの山で埋まってた。

「………」

 一人ぶんのスペースを空けて座り、コロッケを食う。美味かった。無言で食いながら、何やらポツポツ話してる二人を横目に見る。イツルとは、正直あまり話したことがない。

 紬一族の女。容姿端麗。モテる。里の外を旅しながら育って、数年前に帰ってきた。山吹がやけになついて騒いで引っついてる。成績優秀。見た目に反して女らしくない。オレに媚びない。あと最近、カカシがチラチラ気にしてる(あいつはぜったい面食いのロリコンだ)……たぶんこれくらいの認識で事足りる。強いていうなら、いつか戦ってみたい。

 視線をそらして、コロッケの包み紙を丸めながら、思考を完結させる。スッと白い手が差し出された。目をやる。イツルがオレを見ていた。

「ゴミ、よければ一緒に捨ててくるよ」

「……わりーな」

「大丈夫。一枚くらい増えたって手間は変わらないから」

 たしかに何十枚の山に一枚増えたところで変わらねーだろうな。チョウジの横の山を見て思った。イツルはきれいに手早く整理して、チョウジと分担して、ゴミ箱まで歩いていった。ぼんやり見送っていると、ウザい黄色が視界に入ってきた。

「あっ、イツルちゃん! キグーだってばよ!」

「こんばんは、ナルト。慣れない言葉は使うものじゃないよ。あとチョウジをスルーしないでね」

「……れでぃーふぁーすとってやつだってば! よ、チョウジ!」

「やあ、ナルト。どこ行くの?」

「一楽! イルカ先生にラーメンおごってもらう約束してっからさ!」

「あーもうそんな時間かあ……イツル、ボク帰るね。また明日」

「うん、チョウジ、また明日」

「あ、サスケもー! また今度ねー!」

 チョウジがわざわざオレを振り返って手を振ってきた。おかげでナルトにガン見されて、詰め寄られた。近い。ウザい。

「おっまえ何してんだってばよ! イツルちゃんにまで手ェ出しやがって!」

「誰にも出してねーよ!」

「たまたま見かけたから声かけたんだよ。コロッケ食べてた」

 イツルがいつも通りの真顔で言った。ナルトが歯を食いしばってイツルを振り返る。こいつもこいつでワケが分からねえ。いつもサクラにベタベタしてんだろ。

「イツルちゃん! サスケなんかに気を許しちゃダメだってば! 女の子ならみーんなホレさせようとするやつだかんな!」

「私サスケみたいな子どもに惚れないよ」

「……あ?」

 子どもってオレのことか、おい。ナルトからイツルに矛先を変えてガン見する。目が合ったイツルはまじめに不思議そうに首をかしげた。「だって私も含めてみんな子どもじゃん」と言われて、言葉に詰まる。

(……オレは早く大人になりたいけどな)

 イツルはオレから目をそらして、何やら考え込むナルトの肩をトンとたたいた。

「ナルト、待ち合わせは大丈夫?」

「へ? ああ! 大丈夫だってばよ! ヨユーもって出てきてるし! あ、イツルちゃんもラーメン食う? イルカ先生のおごりだしさ!」

「ラーメンかー……魅力的だけど、今日は修行で狩った熊を捌かないとだから、せっかくだけど遠慮しておくね」

 女はラーメンイヤがんだろ。と思った矢先に、イツルがそんなことを言った。ナルトと一緒に不覚にも固まる。……シカマルが男子に詰め寄られるたびに「イツルはマジで見かけ倒しだから」とうめいている理由が分かったぜ。

「おまえ、生まれてくる性別間違えただろ」

「じゃあサスケ、性別交換する? 結界で何がどこまでできるのか試してみたかったんだよね」

「断る」

 真顔なせいで冗談なのか本気なのか分からねーが、うなずいたら取り返しがつかない気がする。残念そうなイツルがナルトを振り返る。ナルトがものすごい勢いで首を横に振りまくった。イツルが笑う。

「冗談なのに」

「黙れウスラトンカチ」

「ウスラトンカチっていえば、サスケの髪型ってどうなってるの?」

「……なんでウスラトンカチから髪型に飛ぶんだよ」

「サスケの特徴だから?」

 山吹並みに話が通じない。バカと女はなんでこう脈絡がない。苦痛だ。ため息をついて、ベンチから立ち上がる。イツルが「帰るの?」と聞いてきた。無言で肯定して、歩き出す。背後から「気をつけてね」と飛んできた。

「………」

 気をつけてと見送られるのなんて、いつぶりだろう。一瞬考えて、すぐ頭から追い出す。そんな感傷に浸ってる場合じゃない。

 肩越しに振り返ると、イツルはまだナルトにつかまっていた。あんなウスラトンカチ、無視してさっさと帰ればいいだろ。バカか。甘すぎる。

(……やっぱり相容れそうにねーな)

 オレとは違いすぎる。


****
 サスケと夢主は当たり障りがない関係。好きでもないし、キライでもない。見かけたら互いにあいさつ→ちょっと世間話→あっさり別れる。知り合い以上友人未満。



Others Main Top