置き詩



共有サイト様一覧

共有サイト様は勿論ですが、共有サイト様以外の方からの置き詩も歓迎します。

[投稿]

By スピカ [HP]


【いのちの林】



若葉が雫を落とすよ
気高い
いのちの林

静かな呼吸が戻るよ
さざめく
進化の林

もう
樹液の呪縛も
神秘の真理も
沈めて

この
美しい樹々が
世界へと枝を
繁らす


記憶が饒舌になるよ
たかまる
歴史の林

理想が祈りを超えるよ
あふれる
未来の林

もう
優しいものを
優しいとみては
いけない

この
美しい樹々を
美しいままに
繁らせ

若葉が雫を落とすよ
気高い
いのちの林
────────────



2019/11/10 [HP][編集]

By スピカ [HP]


【――月が癒す――】



窓際に肘をつき 月影に身をまかせ

癒されぬ傷もあると 私は知った

年上の貴女には 片手間の恋なれど

癒されぬ傷もあると 私は知った

現世(うつせみ)に生きるゆえに
悲しみは波の宿命(さだめ)

満ちる月 欠ける月に 心なごませれば

慰めの言葉になる


この思い 幾百に砕ければいいのにね

せめて ひとかけらぐらい 貴女に分けたい

陽ざかりの夏の日に 散る花があることに

貴女がたじろがぬよう ひそかに分けたい

季節(おりふし)に感じるまま
悲しみを友と迎え

昇る月 沈む月に 心響きあえば

ひとり寝の夜を過ごす

一瞬(たまゆら)の時を生きて
刹那の恋を夢みる

照る月に 曇る月に 心許しあえば

ひとり寝の夜を明かす

――――――――――



2019/02/17 [HP][編集]

By M 


【ひとり】



春だから
空見上げ
浮き雲のゆくえ
追いかけて
涙がポロリ
キミはもういないから



2015/04/01 [編集]

By 葉っぱもなか [HP]


【消えたカチカチ】


あの時のカチカチ
もう聞こえない
あの時のカチカチで癒されていた
あの時のカチカチが消えた
角と角がぶつかっていた
カチカチ
あの時の繊細な音
あの時のカチカチが
消えた



2014/11/10 [HP][編集]

By 戯言管理人 [HP]


【【幼き記憶】】





幼き日の遠い記憶

ゆったりと流れる時間の中

時間がたつのが早かった

青い空と白い雲を素直な眼で追いかけた

「あれは象さん、あれはアイスクリーム」

全て好奇心の対象だ



恐いものは
「オ・バ・ケ」

布団にくるまり
必死に隠れた

風の音、生地のすれる音、階段のきしむ音

全てが「オバケ」と思って恐がった



好きな子いるよ

ちょっと頭の良い優しい感じの子

ワタシはちょっぴりオマセさんなの

毎日がキラキラ輝いてるの



幼少時代に、大切な何かを置いてきてしまった

あの頃の輝きは一体どこへ?

戻りたい

純粋だったあの頃へ…



2013/11/30 [HP][編集]


[投稿]

検索エンジン Cloudia
検索エンジン 思想
検索エンジン 創作 Search
☆素敵な置き詩ありがとう☆

×
- ナノ -