U 「ハートとデート」 不思議高校生正一×小さいブルーベル 01

 
「かんぺきよ、ブルーベル…!」

もう1かい、かがみのまえで、くるんってまわってみた。
きょうきてるのは、ケープコート。

ブルーベルといったら、あお!だし、あとはかわいいパステルカラーがすきなブルーベルだけど、このコートはちょっとちがうの。

あえて、おちついたブラウンのケープコートよ。
すこしあかるめのブラウンで、ふちにはこげちゃいろの、ふわふわのファーがついてるの。じょうひんかわいいかんじよ。

ブーツもおそろいのふんいきをだしたくて、びゃくらんをひっぱりまわしてさがしちゃったわ。
これもブラウンのブーツ。ブーツのなかも、うえのかざりのぶぶんも、ベージュなのがやっぱりじょうひん!だわ。

「きょうも、びしょうじょよ。ブルーベルかんぺきっ!」
「アホかよ電波。そのモフモフで森に出ていったら、あっという間に雪くっついて雪まみれになんぞ」
「うるっさあぁぁい!!きょうは、そりあそびじゃないのよっ!」
「デートの時」
「トリカブト、ズバリいわないぃぃ!!!」

でもよ〜、とダルダルしたかんじに、ザクロのでんぱ。

「おまえ、何ヶ月入江と会ってねーんだよ。アイツ日本人だろ。しょっちゅうイタリアに来れるかよ」
「きょりは、かんけいないのよっ!入江は、じかんもきょりもかんけいない、ふしぎこうこうせいなんだからっ!!」
「なんだそりゃ。ワガママもいい加減にしねえと、入江もオコサマのお守りに飽きるぜ」
「…………」

ブルーベル、だまっちゃった。
さいごにあったの…11がつ。もう、3かげつ…あえてないわ。
ブルーベルは、なんども、もりに入江をさがしにいったのよ。なんども、なまえをよんだのよ。

でも…、入江は、きてくれなかった。

もりには、はっぱがおちるきと、ふゆでもそのまんまのきがあるの。おちるのは、「こうようじゅ」っていうんだって、入江がおしえてくれた。
どうしてかしらないけど……、入江は、はっぱがおちはじめると、あえるかいすうがへっていった。

入江はふしぎなひとで、ブルーベルがあえるのは、いつももりのなかだった。
入江のめは、もりのみどりににてる……

いまは、もりがみどりじゃないから、あえないの?
それとも…

ザクロがいったみたいに、ブルーベルがちっちゃいこどもから、入江はしかたなくいっしょにいてくれたの?
わらってくれてたけど、ホントは、ワガママなブルーベルなんか、きらい…?

ブルーベルは、いつもなら、むっかーってなって、ザクロずがいこつむくぞごるぁーーー!!!っていいかえすんだけど、きょうは、なんにもいえなかった。

だからって、びゃくらんか桔梗に、うわあああん!!ザクロのでんぱがいじめるーーーっ!!!ってダイブもしなかった。

なんにもいえなくなったブルーベルは、ただだまって、バレンタインデーのチョコがはいったバッグをもって、ぽてぽてドアにむかってあるいた。
うしろで、桔梗にゴッてこぶしをいれられたザクロが、いってぇなにすんだバーローっていってるのきこえたけど、どーでもよかった。

だって、ブルーベルも、たまにはザクロもただしいかもしれないっておもったんだもの。
入江は、こうこうせいはこどもだよ、っていってたけどうそよ。ブルーベルには、こうこうせいはおとななのよ。

おとなは、こどものいうことなんか、ほんきにしないの。
びゃくらんや桔梗がブルーベルにやさしくって、おこらないのは、ブルーベルがいうことややることを、ほんきにしてないから、はらもたたないのよ。

そういうの、ホントは「やさしい」のとも、ちょっとちがうの。
ちっちゃいこだからって、「おおめにみてくれてる」だけよ。

……ホントは、だれも、ブルーベルのことなんか、すきじゃないかもしれない。

ドアのむこうにでたら、なみだがぽろんってゆきにひとつぶ。

ふかいゆき。おきにいりのブーツはゆきがくっつきやすくて、すぐにゆきだらけになる。

「…ねえ…ブルーベル…」
「にゅーーーっ!?」

ブルーベル、とびあがっちゃったわ。いつのまにか、はいごれいみたいに、ぬーっとデイジーがたってた。

「ぼくチン…、入江はブルーベルのこと、すきだとおもう…」
「な、なんでよ」
「トリカブトが、時をつげてたから…。入江は、ブルーベルにあいにきてくれるよ…」

それだけいうと、デイジーはどろ〜んとしたおかおのまま、おやしきにもどっていった…
……トリカブト、なんていってたっけ?

「…デートのとき…?」

ブルーベル、じぶんでつぶやいてみて、にゅーってまっかになって、もりにむかってかけだした。

 <ぼふっ!!>

「にゅにゅーっ!!ころぶの、これでなんかいめよーーーっ」

せっかくの、おきにいりのモフモフふわふわのコートとブーツが、ゆきだらけでファーもボアもボソボソよ。
バッグも…

ブルーベル、なかをあけてたしかめてみた。
……チョコのはこは、つぶれてないわ。

「なかみ、だいじょうぶかな…」

われてたら、やだわ。
わたすまえに、ハートブレイクよ。ハートのチョコレートなだけに。

それに、けっこうもりのおくまではいっちゃった。おてんきはいいけど、ゆきがつもってて、みちがはっきりしなくなってきた。

「にゅ…。もどれるかな…」

ふりかえれば、つづいているブルーベルのあしあとが、ちいさくて、たよりなくみえた。

[ 71/100 ]

[*prev] [next#]
[図書室69]
[しおりを挟む]

×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -